三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 事業・製品紹介 > 海洋土木 > 船舶曳航の運動シミュレーション

事業・製品紹介 海洋土木

海洋土木
大型海洋構造物の施工シミュレーション実験
船舶曳航の運動シミュレーション
弾性浮体の波浪中応答解析
船舶の波浪中応答解析
海洋構造物の波浪中応答解析
操船が海底質に及ぼす影響解析(実験、シミュレーション)
係留シミュレーション
係留船の動揺制御システムの開発
   

船舶曳航の運動シミュレーション

曳航ケーブルで連結されている2隻の船の操縦運動(曳航時の船の挙動)、大型浮体の曳航、ケーブル敷設時の船の挙動、アンカーを引きずりながら走る船の挙動など、船とケーブルの相互作用に関する問題は、海洋工事における実際のオペレーションでも多くみられます。三井造船昭島研究所は、一般に複数の船あるいは物体が曳航ケーブルで連結されているときの船の挙動を時間領域のシミュレーションによって解くソフトをすでに開発しており、またこれらの問題に対する模型試験についても数多くの実績を持っています。曳航問題を中心に、船とケーブルに関わるあらゆる問題に対して私達の技術をご提供いたします。  
     

ケーブル敷設バージの位置制御の検討
本検討は、タグとバージからなるシステムを用いてケーブルをルート上に精度良く敷設する場合に、予想される問題点とその解決策を見出すことを目的として行われたものです。検討は、シミュレーションと模型試験を使用して行いました。模型試験では、模型バージにスラスタの制御装置を搭載し、自動制御により強風下でもルート上に正しくケーブルを敷設できることを確認しました。シミュレーション結果と模型試験結果および実機の海上実験結果は非常によく一致し、シミュレーションの妥当性が確認されました。シミュレーションを利用して数多くの条件下でケーブルをルート上に精度良く敷設できるかどうか検討を行いました。

   
 
 
 
 
シミュレーションプログラム
  • 対象舶    一般船舶、バージ、タグ、水中物体
  • 運動モード 平面内運動(Surge、Sway、Yaw)、ケーブル張力
  • 外力     風、波、潮流
  • 計算モデル 船体  ・・・・・・・ 操縦運動モデル        ケーブル ・・・・・ カテナリー
模型試験
  • 外力下の静的釣り合い試験
  • 曳航時安定性試験
  • 動的応答試験(周波数応答試験)
  • 針路制御、位置制御試験
主な実施例
  • 被曳航バージの曳航時安定性試験
  • 被曳航水中ロボットの深度制御試験
  • セミサブの外力下曳航試験
  • ケーブル敷設バージの位置制御試験

このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約402KB]
事業・製品紹介
プロジェクト
船舶
海洋環境
海洋土木
新技術
製品
ソフト製品
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
海洋土木へ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratory (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,