三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 事業・製品紹介 > 海洋土木 > 弾性浮体の波浪中応答解析

事業・製品紹介 海洋土木

海洋土木
大型海洋構造物の施工シミュレーション実験
船舶曳航の運動シミュレーション
弾性浮体の波浪中応答解析
船舶の波浪中応答解析
海洋構造物の波浪中応答解析
操船が海底質に及ぼす影響解析(実験、シミュレーション)
係留シミュレーション
係留船の動揺制御システムの開発
   

弾性浮体の波浪中応答解析

新しい海洋空間利用基盤として「メガフロート(超大型浮体式海洋構造物)」が提案されています。メガフロートは、平面寸法に比べて高さが極端に小さいため、構造物全体の剛性が相対的に低くなり、波浪中では特有の弾性応答を示します。メガフロートを用いた海上空港等の実現を目指すためには、弾性応答も含めた浮体動揺を許容値以下に抑える必要があります。その他、浮体橋など浮力体とその上に載った長大構造物に関しても、弾性変形や発生応力を把握する必要があります。三井造船昭島研究所では、流体力計算と構造物の弾性振動計算を組み合わせることにより、大型浮体構造物の波浪中弾性応答を解析する手法を開発しました。
 
 本解析手法を用いることにより、以下のような浮体の波浪中応答も解析可能です。
  • 浮き桟橋、生け簀などの比較的柔らかい構造物の弾性変形を含む波浪中応答。
  • 浮力体を付けて曳航中のパイプ状の構造物の波浪中挙動と発生応力。
  • 浮体ユニットを多数連結した構造物の波浪中挙動と連結部に発生する応力。
 
 浮体式長大構造物の弾性応答解析
  浮体橋などの「浮力体+複雑な上部構造物」の弾性応答は、流体力解析コードと有限要素
 法解析コードを組み合わせて解析します。  特長は以下のとおりです。
  • 流体を考慮した固有周波数やモード形が計算できます。
  • 複雑な構造体でも任意点の変位や応力が計算できます。
 

 
 マット状浮体の弾性応答解析
  専用解析プログラムを開発しました。
波方向 0度
波方向 30度
特長は以下のとおりです。
  • 傾斜中の弾性応答も解析できます。
  • 浮体上の任意点の上下変位が計算できます。
  • 浮体底面の任意点の圧力が計算できます。
  • 浮体が弾性応答したときの定常波漂流力が計算できます。
 
 
 
 

このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約340KB]
事業・製品紹介
プロジェクト
船舶
海洋環境
海洋土木
新技術
製品
ソフト製品
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
海洋土木へ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratory (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,