三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 事業・製品紹介 > 海洋土木 > 海洋構造物の波浪中応答解析

事業・製品紹介 海洋土木

海洋土木
大型海洋構造物の施工シミュレーション実験
船舶曳航の運動シミュレーション
弾性浮体の波浪中応答解析
船舶の波浪中応答解析
海洋構造物の波浪中応答解析
操船が海底質に及ぼす影響解析(実験、シミュレーション)
係留シミュレーション
係留船の動揺制御システムの開発
   

海洋構造物の波浪中応答解析

 海洋構造物は波浪を受け、6自由度運動を始め、係留力、要素部材間内力等の各種応答を示します。三井造船昭島研究所で開発された海洋構造物の波浪中解析システムにより、これらの応答解析が実施できます。
 海洋構造物は複雑な形状をしている場合が多く、任意形状に対応できる3次元特異点分布法が有効です。
TLP概念図 
 
TLPの計算メッシュ
前後揺(向い波中)
SSCの計算メッシュ
Side Force (横波中)
TLPの波浪中応答解析
石油生産プラットフォーム等に使用されるテンションプラットフォーム(TLP)の没水部表面をメッシュ分割した例を示します。
3次元特異点分布法で計算した流体力を用いて実施した動揺、係留力等の波浪中応答計算の結果は、水槽実験結果と良く一致します。前後揺についての結果を示します。
 
 
 
 
 
 
SSCの波浪中応答解析
半没水型双胴船(SSC)の没水部表面をメッシュ分割した例を示します。3次元特異点分布法で計算した流体力を用いて実施した動揺、双胴間内力等の波浪中応答計算の結果は、水槽実験結果と良く一致します。
双胴間内力の内、双胴を互いに引寄せたり離したりする力であるSide Force の計算結果を実験結果と比較して示します。ストリップ法に比べ、3次元特異点分布法は実験結果と良く一致する結果を与えています。
 
 

このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約287KB]
事業・製品紹介
プロジェクト
船舶
海洋環境
海洋土木
新技術
製品
ソフト製品
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
海洋土木へ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratory (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,