三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 事業・製品紹介 > 海洋土木 > 係留シミュレーション

事業・製品紹介 海洋土木

海洋土木
大型海洋構造物の施工シミュレーション実験
船舶曳航の運動シミュレーション
弾性浮体の波浪中応答解析
船舶の波浪中応答解析
海洋構造物の波浪中応答解析
操船が海底質に及ぼす影響解析(実験、シミュレーション)
係留シミュレーション
係留船の動揺制御システムの開発
   

係留シミュレーション

三井造船昭島研究所では、これまで培ってきた流体力学や運動力学のノウハウを生かして、船舶や海洋構造物の流体力や係留力の計算プログラムの開発を行ってきました。これらの計算プログラムを用いて、岸壁に係留されていた船舶やLNGバースに係留されたLNG船あるいはドルフィン係留された船舶や海洋構造物など、また近年問題となっている港湾内の長周期動揺などシミュレーションサービスを行っております。
 
メガフロートのドルフィン係留  
シミュレーション
 
係船中のLNG船動揺シミュレーション(東京ガス科学館の展示品)
可動橋の旋回用軸受け台車の応答シミュレーション
必要に応じて、シミュレーションツールを開発・作成して、お客様のニーズに対応することもできます。また三井造船昭島研究所の係留シミュレーションは、最新の理論を取り入れた計算プログラムによって実施されています。
 

               シミュレーション計算例


このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約521KB]
事業・製品紹介
プロジェクト
船舶
海洋環境
海洋土木
新技術
製品
ソフト製品
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
海洋土木へ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratory (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,