三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 事業・製品紹介 > 海洋環境 > 港内静穏度解析

事業・製品紹介 海洋環境

海洋環境
港内静穏度解析
水理実験による港内波浪予測
油回収装置の開発
   
   
   

港内静穏度解析

 新しく港を建設したり既存の港を拡張・改造する場合には、港内の静穏度について十分に検討する必要があります。港内の静穏度は波、風、流れ等様々な要因によって変化しますが、影響度が最も大きいのは港口から進入してくる波と考えられます。
 三井造船昭島研究所では、外洋での波高情報と水深データから港口部での波高を計算し、この港口からの進入波を元に港内での波高分布を求めるプログラムを開発しました。
港内静穏度解析を行う上で必要な各種エンジニアリングサービスをご提供いたします。
 
回折計算例
屈折計算例
シミュレーションプログラムの機能
シミュレーションプログラムの特長として以下のものがあげられます。
  • 防波堤による回折波を計算することができます。
  • 水深変化に伴う波高、波向きの変化(屈折変形)を計算することができます。
  • 波浪としては、規則波・不規則波を扱えます。
関連技術
本シミュレーションプログラムは、波の屈折・回折計算を別々に行う簡易的手法に基づくものですが、近年その重要性が指摘されている港内副振動(長周期波浪による長周期の水面変動)等についても、別途開発したプログラムにより計算することができます。

このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約191KB]
事業・製品紹介
プロジェクト
船舶
海洋環境
海洋土木
新技術
製品
ソフト製品
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
海洋環境へ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratory (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,