三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 事業・製品紹介 > 製品 >舵減揺制御装置

事業・製品紹介 製品

製品
全世界対応型DGPS入出港離着桟支援システム
銀河丸操船シミュレータ

小型船舶シミュレータほか(含む操舵トレーナー、レーダーARPAシミュレータ

舵減揺制御装置
システム操船装置
船体動揺補正ウィンチ
環境計測自走船
文字を描けるアメーバ(AMOEBA)水槽

舵減揺制御装置

 舵減揺装置とは、操舵直後の舵力による横揺れモーメントを積極的に利用し、保針に影響を与えない範囲の操舵で船体の横揺れを抑制する装置です。排水量型の船舶に数多くの搭載実績があり、自動操舵装置による航行時に比べて平均的に30%〜40%の減揺効果が得られています。
 特に、フィンスタビライザーや減揺タンクを搭載しにくい中小型船には有効な減揺装置です。
 制御機能
  • 横揺れ減揺機能(操舵による横揺れ制御)
  • 方位保持機能(操舵による保針制御)
  • 適応制御機能(外乱に適応した制御ゲイン作成)
  • 電子海図連接機能(設定方位の外部入力)
 特徴
  • 統計的予測に基づく最適制御
  • 方位保持と減揺制御を両立
  • 特別なハードウェアが不要
  • 小型軽量で省スペース
  • 既存船への搭載が可能
  • フィンスタ等に比べて低価格
  • 特殊舵利用による効果向上
  • 転舵速度増速による効果向上
 
   
システム操船装置(上)
舵減揺(下)一体型
制御効果
 自動操舵装置と舵減揺装置による航行時の横揺れ角速度に関する標準偏差での減揺効果は、本例の場合で約40%である。
 本制御装置は、乗員乗客の乗心地向上のみならず搭載機器や貨物の養成対策に貢献することが期待できます。
このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約501KB]
 
事業・製品紹介
プロジェクト
船舶
海洋環境
海洋土木
新技術
製品
ソフト製品
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
製品へ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratory (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,