三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 事業・製品紹介 > プロジェクト > SPM(一点係留システム)

事業・製品紹介 プロジェクト

プロジェクト
波力発電
洋上風力発電
メガフロート、エコフロート
TLP(テンションレグ・プラットフォーム)
SPM(一点係留システム)
飛行船(成層圏プラットフォーム)
   

SPM(一点係留システム)

  近年、小規模油田開発に、一点係留型浮遊式生産設備(Single Point Mooring Type Floating Production Storage and Offloading System)が広く用いられています。一点係留システムには様々な型式のものがあり、それらを包括的に扱える一貫した解析技術は確立されていませんでした。
 
 
 
 
 
  また、これまでの海洋石油開発の対象は、比較的水深の浅い大陸棚海域にとどまっていましたが、将来的には大水深域に展開していき、より条件の厳しい海域での計画が必要となっています。
  三井造船昭島研究所では、これまでに累積された種々の理論解析技術を基本として、あらゆるタイプの一点係留システムについて、その挙動、係留力等を精度良く推定できる理論解析プログラムを開発しました。さらに、高精度解析技術をベースとした、一点係留型FPSOの初期計画用ソフトウェアSPMOORを開発しました。
   
  このプロジェクトは、石油公団石油開発技術センター殿(研究当時)および潟cfック殿(研究当時)との共同研究として、平成2年度から平成6年度までの5ヶ年間に小規模中水深を対象とした検討、さらに平成7年度から平成10年度までの4ヶ年間に大水深域(〜1000m)を対象として実施しました。
 
 
 
 
 
 
成果の活用
研究の具体的成果としては、
  • 一点係留システム解析に必要な諸技術を確立
  • パソコン上で動作する簡易最適化ソフトSPMOOWの開発
があげられます。
さらにこのプロジェクトで得られた新技術・新たな知見は、流体解析・係留解析・挙動解析等様々な分野に応用され、以下のエンジニアリングサービスを提供できますので、是非一度ご相談ください。
  • 一点係留システムの初期設計
  • 係留ブイ泊の検討
  • 荒天時の船舶避泊の検討
  • 複合策(中間ブイ、中間シンカー、ワイヤー+チェーン等)係留の検討
  • フレキシブルライザー挙動解析
 
 

このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約201KB]
事業・製品紹介
プロジェクト
船舶
海洋環境
海洋土木
新技術
製品
ソフト製品
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
プロジェクトへ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratory (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,