三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 事業・製品紹介 > ソフト製品 > MOSQ2(係留シミュレータ)

事業・製品紹介 ソフト製品

ソフト製品
MOSQ2(係留シミュレータ)
ハーバーマスター(PC版操船シミュレータ)
   
   
   
   
   
   
   

MOSQ2(係留シミュレーション)

 ドルフィン、岸壁などに係留された船舶は、波、風、潮流などの様々な外力を受けて動揺します。防舷材、チェーン、ロープなどの係留系の設計、係船岸壁の設計あるいは荷役作業の安全性などを検討するためには、海象条件に対応した船舶の動揺を考慮して、防舷材や係留ラインなどに働く係留力を把握することが不可欠となっております。
 三井造船昭島研究所では、蓄積された技術をもとに、種々の状態で係留された船舶等の浮体が波、風、潮流から複合外力を受けたときの、浮体の動揺、係留ラインの張力、防舷材の反力等を予測計算するシステムを開発しております。この計算システムの妥当性は、水槽実験等で確認されており、その解析結果は、すでに数多くの係留システムの設計に適用されております。
 
 
 
 
 
 
 当社では、波浪中の船舶や海洋構造物で培った流体力学や運動力学に関する豊富なノウハウを取り入れパーソナルコンピュータで計算できる「係船状態解析システム(MOSQ)」を開発・ご提供し、すでに多くのお客様にご使用頂いて参りました。このたび入力部をWindows対応に全面的に変更することにより、船体条件や係留条件などの入力操作を格段に使い易くするとともに、解析部では直角岸壁の影響や近年問題になっている長周期波の影響などを考慮できるように、高度多様化させた「NEW係船状態解析システム(MOSQ2)」を新たにご提供できることとなりました。
 この機会に是非、MOSQ2の導入をご検討ください。
  • MOSQ2では標準機能を充実させるとともに、お客様の多様な要求をオプションという形で取り入れることができますので、お客様独自の特徴を持ったMOSQ2をご使用頂けます。
  • MOSQ2は、お客様のニーズに合わせて、ご購入の他にレンタルでもご使用頂くことができます。

 


このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約178KB]
事業・製品紹介
プロジェクト
船舶
海洋環境
海洋土木
新技術
製品
ソフト製品
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
ソフト製品へ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratory (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,