三井造船グループ 株式会社三井造船昭島研究所
WHAT'S NEW
会社情報
施設概要
事業・製品紹介
 
発表論文
   
 HOME > 施設概要 > 大水槽

施設概要 大水槽

主として船舶・海洋機器の推進性能試験や波浪中試験に使用します。
平水中の抵抗試験、自航試験、伴流試験、プロペラ単独試験などの定形的な標準試験は曳引車上に設置されたコンピューターによって運転制御、データ処理がすべて自動的に行なわれ、試験精度と能率の向上が図られています。
大水槽全景  
 
平水中抵抗試験(低速型肥大船)
自由航行試験
PIVによる流場計測
テーブル・リフター
水槽の寸法
長さ220m×幅14m×深さ6.5m(水深6m)
曳引車
重量52トン、最大速度7m/s、交流電動機駆動55kW(4基)
模型
パラフィン、ウレタンまたは木製模型船(長さ3〜10m)、海洋構造物などの試験では幅5mまでの模型が使用可能です。
主な計測機器
抵抗動力計
自航動力計(大型、小型)
プロペラ単独試験装置(大型)
伴流計測装置
PMM試験装置
自由航走操船装置
造波機
フラップ式ACサーボモータ駆動、最大出力44kW規則波・不規則波発生可能、最大波長15m、最大波高30cm、曳引車から遠隔操作ができます。
副台車
自走式、重さ17トン、曳引と車連結してPMM試験などに使用します。
テーブル・リフター
水圧駆動、長さ10m、幅2.5m、揚重力10トン
ウェイトを搭載したまま模型船を水面上に持ち挙げることによって付加物の着脱等模型船の状態変更が容易に行なえ、試験の効率化が図られています。
大水槽全景
平水中抵抗試験(低速型肥大船)
自由航行試験
PIVによる流場計測
テーブル・リフター
このページはPDFでもご覧いただけます。
PDFダウンロード [約37KB]
施設概要
大水槽
小水槽
潮流水槽
キャビテーション水槽
回流水槽
2次元水槽
風胴
煙風胴
模型工作
Get Adobe PDF
PDFファイルをご覧いただくには、PDFファイル閲覧ソフトのAdobe Readerが必要です。
施設概要へ戻る
ページの上部へ
サイトマップ  お問い合わせ  サイトのご利用について  プライバシーポリシー Copyright (C) Akishima Laboratories (Mitsui Zosen) Inc. All Rights Reserved,