Home

【レーダー検査装置】
例えば、レーダー技術を利用した、探査機を提供しています。
トンネルの健全性を調べるための覆工内部欠陥・背面の空洞調査やコンクリートかぶり厚調査、埋設管探査などの他道路下空洞探査により道路の陥没を未然に防ぐなどレーダー技術を利用した探査機を準備しています。
マルチパスリニアアレイレーダーでの3次元解析画像

マルチパスリニアアレイレーダー
での3次元解析画像

マルチパスリニアアレイレーダーを使用した建物のコンクリート内部探査

マルチパスリニアアレイレーダーを使用した建物のコンクリート内部探査

特長
■ マルチパスリニアアレイレーダー
独自開発によりコンクリート中を3次元画像で表示することにより視認性が著しくアップしました。
また、従来レーダでは検知できなかった鉄筋コンクリート中のジャンカ、空洞、ひび割れや
二重配筋の状況なども探査できる画期的な技術です。
橋梁の床版、トンネルなどの探査に威力を発揮します。
・1回の計測で面的な調査が可能
・計測結果は3次元立体画像で得られるので、損傷の把握が容易
・分解能が優れており、従来のレーダでは得られなかった小さな損傷の検知可能

■ ツインパスコンクリートかぶりセンサー
2組の送受信アンテナを備え、コンクリートかぶり厚と比誘電率を自動計算します。
また、計算結果をEXCELで扱えるファイル形式に出力するとともに画像データも保存できます。
従来レーダでは必須の作業であった事前の比誘電率測定が不要となり、計測の効率が大幅にアップしました。
・コンクリート中の鉄筋かぶり厚さを高精度に計測(±5mm)
・かぶり厚さを比誘電率とともに自動計算
・計測結果をExcelで扱えるファイル形式(CSVファイル)に出力

機械・システム事業本部 社会インフラ総括部 営業グループ

電話番号: 03-3544-3221   Fax: 03-3544-3055
機械・システム事業本部 社会インフラ総括部 営業グループ
電話番号: 03-3544-3221   Fax: 03-3544-3055