Home

【掘削孔利用システム「べんけい」】
調査観測ステーションとステーションを設置・回収するビークルの設計・建造を担当。
地球深部探査船「ちきゅう」号などによって海底下を掘削したあとにできる掘削孔は、海底下の調査・研究を行う上で再利用性の高い環境である。「べんけい」は、地球内部の科学研究を目的に作られた掘削孔利用システムであり、掘削孔内へ観測装置を設置し、各種計測を行うシステムである。三井造船はビークルの設計・建造を担当した。
べんけい

「べんけい」

特長
  • 調査観測ステーションとステーションを設置・回収するビークルで構成
  • 最大使用深度は6000m
  • ビークルは4台のスラスタで水平移動が可能
  • 一次ケーブル及び着水揚収装置は「かいこう」と共用
関連ページ
「三井造船の技術力・水中機器」へのリンクはこちら
URL:www.mes.co.jp/mes_technology/factory.html

船舶・艦艇事業本部 艦船・官公庁船・特機営業部

電話番号: 03-3544-3530   Fax: 03-3544-3031