会社情報

トップ > 会社情報 > 沿革

沿革
                                                                  
1917 三井物産株式会社造船部として岡山県児島郡日比町(現玉野市)で創業
1926 デンマーク、B&W社と舶用ディーゼル機関に関して技術提携
1937 三井物産株式会社から分離独立し、株式会社玉造船所を設立
1940 化工機工場が完成
1942 社名を三井造船株式会社に改称
1948 戦後日本初の鋼製輸出船「クヌール」(捕鯨船)が竣工
1951 東洋レーヨン株式会社(現 東レ株式会社)向ナイロンプラントが完成
1952 東京に本社機構を移設
玉野造船所に研究部を創設
1961 世界初の大型自動化船「金華山丸」(貨物船)が進水
パセコ社とコンテナクレーンに関して技術提携
1962 千葉工場(現千葉事業所)が操業開始
当社初の化学プラント(硫酸プラント)輸出契約(台湾肥料公司向け)
1966 ホーバークラフト国産第一号艇タイ国へ輸出
世界最大の高炉用軸流ブロワーを日本鋼管株式会社(現 JFE スチール株式会社)向けに完成
1967 日本初の埠頭用コンテナクレーンが完成
千葉工場に千葉研究所設立
1968 千葉事業所に超大型ドック(50万dwt)完成
当社初の陸用大型ガスタービン(8,000kW)東パキスタン向けに完成
1971 超自動化タンカー「三峰山丸」が竣工
1973 修繕船専門工場、由良工場操業開始
東京都向け東洋一の300 トン/日の汚泥焼却プラントが完成
1975 当社最大船型40万dwt級タンカー、「ベルゲ・エンペラー」竣工
1976 英文会社名を"Mitsui Engineering & Shipbuilding Co., Ltd" に変更
三井B&Wディーゼル機関累計生産1,000 万馬力を達成
1978 昭島研究所開設
1981 大分事業所操業開始
1984 当社初のLNG船「泉州丸」(125,000m3)竣工
1987 世界最大のフローティングホテル「ポリコンフィデンス」が完成
1988 米国、PACECO社よりクレーン商権・株式を買収
1990 デンマークの発電エンジニアリング会社、BWSC社を買収
1992 玉野事業所に最新鋭のディーゼルエンジン組立工場完成
1993 大分事業所に業界最大級の最新鋭大型鉄構工場が完成
1995 深海10,000m級無人探査機「かいこう」完成
1996 高出力・軽量コンパクトなADD ディーゼルエンジンを
海上保安庁向け大型測量船の主発電用機関として初受注
1999 由良工場完全子会社化、株式会社エム・イー・エス由良発足
2002 海洋科学技術センター向け地球深部探査船「ちきゅう」が進水
当社初メンブレン型LNG船(積載量147,100m3)の
1番船「PUTERUI DELIMA SATU」を完成
2003 株式会社新潟鐵工所の造船関連事業の営業譲渡を受け、新潟造船株式会社を設立
三井海洋開発株式会社、当社子会社で初めて東京証券取引所に上場
2005 新たな「企業理念」「経営姿勢」「行動規準」を制定
岸壁コンテナクレーン「ポーテーナ」累計出荷200台を達成
2006 千葉造船工場に1,000トンゴライアスクレーンを導入
2007 千葉造船工場・玉野艦船工場に技能伝承センターを完成
玉野事業所内に安全研修センターを開設
世界最大級32万重量トン型鉱石運搬船「ぶらじる丸」が完成
2008 PCハイブリッド製ポンツーン累計700基を達成
2009 往復動圧縮機累計受注1,000台を達成
2010 大ヒットシリーズ56,000重量トン型ばら積み貨物運搬船「三井の56」竣工100隻を達成
2011 誘導加熱装置の中国合弁会社「上海三造機電有限公司」生産開始
ヤード用トランスファークレーン「トランステーナ」累計出荷1,000台を達成
戸田工業株式会社と共同でリチウムイオン電池正極材料の製造・販売会社
「M&Tオリビン株式会社」を設立
2012 三井-MAN B&Wディーゼルエンジン単一ブランドでの累計生産8,000万馬力を達成
2013 次世代の環境対応・低燃費船「neo Surpramax 66BC」引き渡し
2014 昭和飛行機工業を子会社化
岸壁用コンテナクレーン「ポーテーナ」累計出荷300台を達成
2015 三井-MAN B&Wディーゼルエンジン単一ブランドでの累計生産9,000万馬力を達成
ドイツのエンジニアリング会社TGE Marine AGを子会社化
国内初の天然ガスを燃料とした船舶用ディーゼルエンジン「ME-GI」が完成