ホーム > 会社情報 > 社長挨拶


会社情報


バイオマスってなに?

当社が取り組むバイオマス発電について、分かりやすくご説明します。

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。


当社は、建設廃材を主体とした木チップおよび廃プラスチックと紙を固形化したRPF(Refuse Paper & Plastic Fuel)を主燃料としたバイオマス火力発電所を運営しております。

また、経済産業省より再生可能エネルギー発電設備と認定され、発電出力49.9MWは日本最大規模となります。

本事業ではいわゆるカーボンニュートラルの考えにより年間約35万トンのCO2削減が期待されています。

発電所運転に最も重要な燃料の安定供給は関東一円の大手産業廃棄物業者の皆様が設立した「新エネルギー供給株式会社(NES)」と、NESと三井造船株式会社の共同出資により設立された「循環資源株式会社」により燃料の長期安定供給の体制を構築しております。

2008年2月から商用運転を開始し、発電した電力はFIT法に基づき電気事業者様に購入頂いております。

今後も当社は地球温暖化防止・循環型社会形成の一助となる様一同努力してまいります。

皆様のより一層のご支援を賜わりますよう、宜しくお願い申し上げます。

                                          代表取締役社長  神島 信 

市原グリーン電力お問い合わせ先

千葉県市原市八幡海岸通1番地(三井造船(株)千葉事業所内)
TEL : 0436-41-1220 / FAX : 0436-41-1292