技術情報

トップ > 技術情報 > プロジェクト最前線 > Vol.01

HANDY MAX BULKER
プロジェクト最前線Vol.01 グローバルスタンダード船、さらなる進化へ
170隻という突出した受注実績を達成した貨物運搬船「三井の56(ゴーロク)」。

世界の輸出入の9割が、今も船による海上輸送。三井造船が手がけた船も、多数、世界の海を行き来し、グローバルな貨物輸送を支えている。
なかでも、「グローバルスタンダード船」と言っても過言ではない地位を確立した三井造船の貨物運搬船が、56,000重量トンのハンディマックスバルカー、通称、「三井の56(ゴーロク。以下、「56」)」。
56,000トンというサイズがマーケットのニーズに見事に合致。その使い勝手の良さで、すでに170隻を受注し、130隻以上が世界に送り出されているベストセラーとなった。この地位に甘んじることなく、次代のスタンダードの地位を目指して、動き出している技術者の最前線を取材した。

Next

  • 01
  • 02
  • 03