技術情報

トップ > 技術情報 > プロジェクト最前線 > Vol.03

プロジェクト最前線 Vol.03
夢と希望の風車を、海へ。-福島復興 浮体式洋上ウィンドファーム実証研究プロジェクト
福島沖 浮体式洋上風力発電福島沖を再生可能エネルギーの生産地へ。浮体式での洋上風力発電への挑戦。

日本の想いを託されたプロジェクトで、今、三井造船が懸命の挑戦を続けています。そのプロジェクトとは、経済産業省から委託を受けた11の企業と大学がコンソーシアムを組んで取り組む「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究プロジェクト」。福島県沖に、2MWのダウンウィンド型浮体式発電設備1基と、25MVA浮体式洋上サブステーション、海底ケーブルを設置。さらに2015年度までの第2期で7MW級浮体式発電設備2基を設置し、浮体式洋上風力発電の事業化に向けた実証研究を行うものです。
「着底式」ではなく、発電設備を洋上に浮かばせる「浮体式」での風力発電は世界でもまだ実用化されていない方式。先駆けてノウハウを蓄積することで日本の強みとし、また、再生可能エネルギーを中心とした新たな産業・雇用の創出で福島の復興につなげようと、様々な課題への挑戦が急ピッチで行われています。

次へ

  • 01
  • 02
  • 03