ページ内を移動するためのリンクです

環境方針

認証

ISO14001:2015(JQA-EM6799)

ごみ処理施設および水処理施設における次の業務

  1. 定期点検、整備工事(改造工事を含む)および付帯サービス(消耗品および予備品の提供)
  2. 限外ろ過装置の設計・開発および製造
  3. 施設の設計・開発および建設工事

基本理念

当社は、地球環境の保全が社会に与えられた最重要課題の一つであることを認識し、環境保全施設の設計施工、関連機器の設計製作、運転・維持管理等、全ての企業活動を通じて地球環境の保全に配慮し、環境と調和した豊かで住みよい社会の実現に貢献します。

基本方針

環境規制の遵守及び環境負荷の低減

環境関連の法令・協定等を遵守し、必要に応じ自主基準を作成すると共に、技術・製品等の研究開発・設計の段階から、調達・建設・廃棄等の各段階での環境負荷の低減に努めます。

省資源・省エネルギー・リサイクルの推進ならびに廃棄物の削減

企業活動の全ての領域で省資源・省エネルギー・リサイクルの推進を図ると共に、廃棄物の削減に努めます。

新しい技術・製品の開発による環境保全への貢献

環境保全に寄与する技術・製品の開発を積極的に行い、社会に提供することにより、社会に貢献します。

リスク及び機会への対処

環境方針を達成するため、影響を及ぼすリスク及び機会を明確にして対処します。

環境教育による意識の高揚

環境教育・社内広報活動等を実施し、従業員の環境に関する意識の向上を図ります。

環境マネジメントシステムの構築・維持

環境マネジメントシステムの構築・維持を図り、環境保全向上のために継続的改善に努めると共に、環境目的および目標を設定し見直す仕組みを保持します。

2017年4月1日
三井造船環境エンジニアリング株式会社
社長 﨑山 芳行

ページの終わりです