ページ内を移動するためのリンクです

「三浦バイオマスセンター」(愛称:「MKE BIMAステーション三浦」)の竣工式が行われました。

「MKE BIMAステーション三浦」

弊社が建設を進めてまいりました 「三浦バイオマスセンター」(愛称:「MKE BIMAステーション三浦」)が竣工し、竣工式が行われました。本施設については、15年間の運転管理も受託しております。

発注者

三浦地域資源ユーズ株式会社(神奈川県)
(三浦市と28の団体が出資する第三セクター)

処理量

し尿・浄化槽汚泥:約65KL/日
農作物収穫残渣(ダイコン、スイカ、メロンなど):約20t/日
水産残渣:約0.5t/日
公共下水道汚泥など:約4t/日

処理方式

メタン発酵:中温発酵方式(約35℃)
水処理:高負荷膜分離脱窒素処理方式

工期

平成19年6月15日~平成22年9月30日

運営期間

平成22年10月1日~平成37年9月30日

施設名称
正式名称 三浦バイオマスセンター
愛称 MKE BIMAステーション三浦(弊社が施設命名権取得)

ページの終わりです