最新工事情報

広島県/鮴崎港浮桟橋(RCハイブリッド構造)が進水しました。

 【画像1】  【画像2】  【画像3】
浮桟橋完成(進水前)


広島県/鮴崎港浮桟橋(RCハイブリッド構造)が進水しました。

玉野工場にて製作していた浮桟橋を2017年11月20日に2050t吊りフローティングクレーンを使用して吊り進水しました。
現在、本浮桟橋と連絡する連絡橋の製作準備を開始しており、連絡橋が完成する2018年10月頃に連絡橋と共に現地へ曳航・設置する予定となっています。
鮴崎港は広島県沖の瀬戸内海に浮かぶ大崎上島に位置し、本土側の竹原港と結ぶフェリーの接岸設備として、既存の老朽化した浮桟橋に替わって使用されるものです。
今回の浮桟橋更新工事により、離島を結ぶフェリー利用客の安全性が向上し、離島の地域活動に貢献されるものと期待されています。

発注者:広島県西部建設事務所
工  期:2016年12月 5日~平成2018年3月30日
工事内容:浮桟橋1函の製作、進水、曳航まで
構造形式:RCハイブリッド構造
主要寸法:全長30m×全幅15m×全高2.8m×乾舷1.15m(吃水1.65m)
浮桟橋排水重量:約750.1tf

 

トピックス

三井造船鉄構ホームページのコンテンツから特におすすめの記事をピックアップしてお伝えします。