最新工事情報

平成27年11月完成東京港10号地可動橋製作据付工事が竣工

 【画像1】  【画像2】
ランプウェイ
ランプウェイ 工場製作工・現場据付工 一式橋長17.2m、有効幅員10.3m


【工事名】平成25年度10号地その2フェリーふ頭第3バース乗降装置製作据付工事
【発注機関】東京都
【設置場所】東京都江東区有明四丁目8番6号 (東京港フェリーターミナル)
【工事内容】
ランプウェイ  工場製作工・現場据付工 一式
        橋長17.2m、有効幅員10.3m

ギャングウェイ 工場製作工・現場据付工 一式
        橋長27.3m、有効幅員1.5m及び2.0m

東京都から受注しました平成25年度10号地その2フェリーふ頭第3バース乗降装置製作据付工事が竣工、無事引き渡しが完了しました。

本工事は東京港フェリー埠頭のランプウェイ(船と岸壁とを繋ぐ車両乗降用可動式連絡橋)およびギャングウエイ(乗降客用可動式連絡橋)の工場製作、現場架設一式を請け負ったもので、各連絡橋を工場で製作した後、現場海域まで曳航しそれぞれ海上から一括架設を行いました。

据付場所のフェリー埠頭周辺では、既設杭桟橋改修工事や地盤改良工事等、他の大型工事も同時進行で進められており、隣接工区との工程調整が非常に難しい工事でしたが、着工から2年5カ月後の平成27年11月初旬に無事竣工しました。

三井造船鉄構エンジニアリングは、フェリー用可動橋の製作架設工事を連続して施工しています。

 

トピックス

三井造船鉄構ホームページのコンテンツから特におすすめの記事をピックアップしてお伝えします。