新着情報

新着情報一覧へ

徳益高架橋上部工(P36-P39)工事が平成28年度優良施工業者及び優秀技術者表彰を受賞しました。 トピックス

 【画像1】  【画像2】  【画像3】  【画像4】  【画像5】

当社(三井・名村特定建設工事共同企業体)が施工しました、福岡208号 徳益高架橋上部工(P36-P39)工事が、九州地方整備局 福岡国道事務所長より平成28年度優良施工業者及び優秀技術者表彰を受賞しました。
本工事は、橋長313.5m.鋼重1,624tの鋼3径間連続鋼床版箱桁橋で、線路(西鉄大牟田線)を跨ぐ現場でした。狭隘なヤードでの主桁の組立と、限られた時間(145分)内での主桁の送出し及び降下作業を行いました。

このような難易度の高い工事を無事竣工させたこと、また熊本地震直後の主桁送出し作業、同種工事で発生した橋桁落橋事故直後の主桁降下作業、線路上の工程調整、様々な施工工夫により工程短縮に努めたこと等が評価され、今回の受賞となりました。
福岡208号 有明海沿岸道路は、4都市(大牟田市、みやま市、柳川市、大川市)を結ぶ道路であり、将来的には九州自動車道などと連結し、九州の広域交通ネットワークの一翼をになう地域高規格道路として機能し、都市間の交流促進や地域発展、生活の利便性向上が期待されています。

 

トピックス

三井造船鉄構ホームページのコンテンツから特におすすめの記事をピックアップしてお伝えします。