技術紹介

セーフティーパイプベント

セーフティーパイプベントは、組立・解体作業を大幅に省力化して、安全性の向上が図れるベントです。

概要

階段式足場設備を有したパネル型だから、大幅な省力化が可能に。

セーフティーパイプベントは、階段式足場設備を有したパネル型パイプベントで、パネル化による部材数の低減により組立・解体作業を大幅に省力化できるため、コストの削減が図れます。
また、既製の階段枠や布板を組み合わせることにより、ベント構造内で昇降やジョイント作業が可能となり、作業性・安全性の向上が図れます。

パイプベント

パイプベント

パイプベント構造概要

パイプベント構造概要

特長

  • ・パネル化により組立・解体作業を省力化
  • ・階段の昇降設備により作業性・安全性が向上
  • ・専用の吊金具により玉掛け作業を省力化
  • ・ベント積載荷重 最大50トン(1ユニットあたり)

実績

  • ・九州地方整備局/黒崎高架橋(P5~P8)
  • ・東京都/東京港臨海道路若洲側アプローチ橋りょう
  • ・関東地方整備局/圏央道五霞地区高架橋
  • ・中部地方整備局/名二環かの里1高架橋 他

パイプベント

施工実績例

パイプベント

施工実績例

登録

  • ・国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS):KT-120022-A

特許

  • ・特許第5071697号(パイプベント構造)
  • ・特許第5406335号(パイプベント構造)