三井造船コーポレートサイトへ

目指す姿

当社が目指す姿

2014年度中期経営計画|新たな100年の礎を築く

持続的成長と収益安定性を兼ね備えたバランスの取れた事業ポートフォリオの実現

基本方針

戦略の柱

戦略の柱1 製造事業の変革

(1)国内開発・生産体制の再構築

(2)グローバル事業体制の構築

(3)キーコンポーネント(部品)事業の育成・拡大

変革の柱2 エンジニアリング事業の拡大

(1)化学、発電、海洋資源開発EPC分野の競争力強化・拡大

□東南アジア(化学・社会インフラ) □北米(化学)、
□CIS等新興国(発電(BWSC)・化学)、□西アフリカ・ブラジル(海洋資源開発(三井海洋開発))

(2)環境エネルギーEPC分野の拡大

(3)グループ内連携とグローバルオペレーション体制の強化

変革の柱3 事業参画・周辺サービス事業の変革

(1)製造事業をコアとした周辺サービスの強化

(2)EPCをコアとした上流・下流サービスの強化

数値目標

14中計 数位

【前提条件】為替レート :95円/US$ ,125円/€
※ROIC(投下資本事業利益率)=(営業利益+受取利息および配当金)÷(前期平均自己資本+前期平均有利子負債)

Pagetop