本文へスキップ

ホーム >> ニュース >> 半潜水型水中展望船「サブマリンJr.U」引渡し

ニュース news

平成27年8月5日

半潜水型水中展望船「サブマリンJr.U」引渡し

■半潜水型水中展望船「サブマリンJr.U」引渡し

 三井造船株式会社(社長:田中 孝雄)の100%出資会社である新潟造船株式会社(本社:新潟市 社長 橋 通之)は、建造中でありました 株式会社パノラマ・ホテルズ・ワン殿向け半潜水型水中展望「サブマリンJr.U」を7月10日に新潟造船の三崎工場で引渡しました。

 本船は、以前三井造船にて建造していた同型の船(SJD-40型)の代替船として新潟造船で建造したもので、半潜水型水中展望船としては最初の船です。

 水中展望室の壁側下部には、縦横510mm、厚さ40mmのアクリル製水中窓が左右に11枚づつ、合計22枚も設けられており、この窓から海中や 海底、更に水中のプロペラの動きを観察することが出来ます。
 また、水中展望室の内装については、潜水艦内をイメージして、室内を全体的に暗めとするためダークグレーとダークブルー を基調とし、室内には疑似潜望鏡、ソナー音、電飾パネル、疑似計器パネル、テレビモニター等の潜水艦のイメージを演出する設備を 多数設けています。

 本船は沖縄県のANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートにて準備が整い次第運行を開始する予定です。

[主 要 目]

全長
13.99m
5.00m
深さ
2.60m
計画満水吃水
1.25m
総トン数
16トン
主機関
128kw×2基
速力
約9knot
最大搭載人員
46名(乗客44名、乗員2名)  

[お問い合わせ先]
新潟造船株式会社 業務部 本多 電話:025-222-6121