本文へスキップ

ホーム >> ニュース >> 「第八十八光洋丸」シップ・オブ・ザ・イヤー2015部門賞受賞

ニュース news

平成28年7月19日

「第八十八光洋丸」シップ・オブ・ザ・イヤー2015部門賞受賞

■東海漁業株式会社様ご発注「第八十八光洋丸」シップ・オブ・ザ・イヤー2015部門賞受賞

 2016年6月31日、新潟造船褐囁「N20080番船「第八十八光洋丸」が、日本船舶海洋工学会からシップ・オブ・ザ・イヤー2015の漁船・作業船部門賞を受賞しました。

 本船は、様々な新技術を搭載し建造された海外まき網漁船です。最先端の主機軸発電機・パワーマネジメントシステムと最新の漁労システムにより安全性、操業効率(省力化)、省エネが飛躍的に高められています。新時代を切り開くモデル漁船として主漁場の太平洋に加え、インド洋の漁場開発に挑んでいる漁船です。

「第八十八光洋丸」シップ・オブ・ザ・イヤー2015部門賞受賞




[主 要 目]
全長
79.99m
14.00m
深さ
8.30m
計画満水吃水
5.38m
総トン数
760トン
主機関
NIIGATA 8MG34HX 2,942kw×1基
速力
17.72knot
最大搭載人員
28名  

[お問い合わせ先]
新潟造船株式会社 業務部 本多 電話:025-222-6121