プレスリリース
トップ > プレスリリース(2009) > 省燃費型ヤード用コンテナクレーンを鈴与株式会社へ納入
2009年

2009年01月06日
エンジン最適制御システム搭載型の
省燃費型ヤード用コンテナクレーンを鈴与株式会社へ納入
燃料削減効果を発揮

省燃費型ヤード用コンテナクレーン

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、鈴与株式会社(本社:静岡市清水区、社長:鈴木 与平氏)から清水港新興津埠頭および袖師埠頭向けにエンジン最適制御省燃費型ヤード用コンテナクレーン各1基、計2基をこのほど納品しました。

今回納入したヤード用コンテナクレーンは、国内で初めてとなるエンジン最適制御システムを搭載し、従来機種に比べ燃料消費量・CO2の排出量を大幅に抑える新型機種で、現在、最大時間当たり10L以下の低燃料消費量を実現し、順調に稼動しています。

エンジン最適制御システムは、鈴与株式会社の技術協力を得て開発したもので、コンテナ積卸時の負荷に応じて発電機用エンジン出力を制御させる装置で、待機運転時に発電機用エンジン出力を最小限に制御し、トータルで省燃費を行います。
また、本システムは、当社納入クレーンに対し、レトロフィト(後付け)も可能です。

鈴与株式会社は今回の納入2基に続き、既存基にもエンジン最適制御システムの搭載を順次計画しています。

三井造船は、燃料消費量・排ガス量・騒音などを削減した、次世代型コンテナヤード用クレーン「MESHYBRID®」に加え、今回、蓄電装置(キャパシタ-)を使用しないエンジン最適制御システム搭載型も実機販売しました。
今後ともユーザーの幅広い要望に応え、環境に優しい荷役機器を提供するクレーンメーカーを目指します。


担当
鉄構・物流事業本部 運搬機営業部
森下  電話:03-5202-3906
お問い合わせ先
広報室
高岡  電話:03-5202-3147