プレスリリース
トップ > プレスリリース(2009) > キプロス電力庁より50MWの中速ディーゼル発電設備増設工事を受注
2009年

2009年1月13日
キプロス電力庁より
50MWの中速ディーゼル発電設備増設工事を受注

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)の100%子会社である、Burmeister & Wain Scandinavian Contractor A/S (略称:BWSC、社長:Sigurd Andersen、本社:デンマーク国 )は、このほどキプロス電力庁(Electricity Authority of Cyprus:EAC)から中速ディーゼル発電設備を受注しました。


本発電設備は、キプロス南部ラルナカ市郊外のデケリア発電所内に建設され、送電出力は50MW。バルチラ製の18V46型中速ディーゼルエンジン3基と脱硝装置から成り、BWSC社は、エンジニアリング、機器調達・据付・建設、試運転までを一括で請け負い、2010年6月末に引き渡す予定です。


本プロジェクトは、夏場の電力不足を補うためEACが計画したもので、BWSC社が2007年11月に受注した第1期工事の増設となります。


BWSC社は、ディーゼル発電施設のエンジニアリング、建設、運転管理まで一貫した事業を世界の各地で展開しており、創業以来約50カ国、150件以上の発電施設の納入実績があります。また、近年は環境問題の高まりを背景に、バイオマスボイラやバイオガスディーゼル発電にも進出し実績をあげています。


【BWSC社概要 】
資本金 1億5000万デンマーク・クローネ
設 立 1980年3月11日
所在地 Denmark, Allerod
代表者 Sigurd Andersen
担当
機械・システム事業本部 海外子会社統括室
内田  電話:03-5202-3950
お問い合わせ先
広報室
高岡  電話:03-5202-3147