プレスリリース
トップ > プレスリリース(2009) > 三井造船グループの技術情報誌「三井造船技報」第196号発行
2009年

2009年03月03日
三井造船グループの技術情報誌「三井造船技報」第196号発行

技報196号

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、製品開発、製造技術を紹介した「三井造船技報」(MITSUI ZOSEN TECHNICAL REVIEW)の第196号をこのほど発行しました。

「三井造船技報」は、子会社を含めた三井造船グループにおいて、新しく開発された製品および技術をタイムリーに紹介し、お客様のニーズに対して適切なソリューションを提供する技術情報の発信を目的に年3回発行しています。

今回発行した第196号は、「技術論文・報告」として6編、「製品・技術ニュース」3件、「Home Page News」3件で構成されています。

表紙には、造船用鋼板の加工工場「深井鋼板切断工場」の写真を、さらに裏表紙には、クリーンエネルギーの活用が期待される「ビームダウン式集光太陽熱発電実証プラント」を紹介しています。


三井造船技報 第196号の構成内容

(技術論文・報告)

  • オゾン利用によるバラスト水処理システムの開発
    担当部署:船舶・艦艇事業本部 事業開発部
    環境・プラント事業本部 環境技術部
    機械・システム事業本部 事業開発部
  • 深海耐圧容器用新素材の開発
    主執筆 :九州大学 応用力学研究所
    佛山科学技術学院 環境・土木建筑学院
    担当部署:船舶・艦艇事業本部 特機・水中機器部
  • 溶融スラグに対する廃棄物溶融炉用耐火物の耐食性向上技術の開発
    主執筆 :九州大学大学院 工学研究院 材料工学部門
    担当部署:技術本部 玉野技術開発センター
  • 鋳造合金の耐高温腐食性と溶接性の評価
    担当部署:技術本部 玉野技術開発センター
    技術本部 技術総括部
    共同執筆:クリモトメック株式会社 エンジニアリング本部
  • 鍛造前加熱用誘導加熱装置の電磁場・温度場連成解析
    主執筆 :岡山大学大学院 自然科学研究科
    担当部署:機械・システム事業本部 機械工場 技術開発部
    機械・システム事業本部 機械工場 パワーエレクトロニクス設計部
  • 2種類のタンパク質相互作用を同時に計測するフローサイトメトリー装置の開発
    担当部署:技術本部 玉野技術開発センター   

(製品・技術ニュース)
  • ブラジル向けFPSOほか3基のFPSO/FSOの操業を開始
  • 三井海洋開発のFPSO向け電気制御室を完成・出荷
  • 水中ロボットによる長距離サイホン管路の水中点検
    -農業用長距離サイホン管路の内部調査を実施-

(Home Page News)
  • 浜松市向け「浜松市西部清掃工場」及び古橋廣之進記念浜松市総合水泳場「ToBiO(トビオ)」が完成
    -浜松市として初のPFI事業-
  • 生産能力を2倍に高めたECRプラズマ成膜装置を開発・販売開始
  • エンジン最適制御システム搭載型の省燃費型ヤード用コンテナクレーンを鈴与株式会社へ納入
    -燃料削減効果を発揮-

三井造船技報の概要
名  称 三井造船技報
英文名称 MITSUI ZOSEN TECHNICAL REVIEW
発行責任 三井造船技報編集委員会
発行回数 年3回(定期発行)
URL http://www.mes.co.jp/mes_technology/research/article196.html
(三井造船の技術力>研究開発>技報 第196号 へのリンク)
お問い合わせ先
広報室
木澤  電話:03-5202-3147