プレスリリース
トップ > プレスリリース(2009) > 玉野事業所内に造船用鋼板曲げ加工工場新設
2009年

2009年7月14日
玉野事業所内に造船用鋼板曲げ加工工場新設
12月完成目指し、建設開始

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、玉野事業所(岡山県玉野市)艦船工場内に造船用鋼板の曲げ加工を行う工場の新設を決め、このたび着工しました。
完成・稼働は今年の12月を予定しています。


船舶建造において、船首・船尾部および船側と船底の接合部は鋼板を曲面にする必要があり、玉野艦船工場では、1,000トンおよび1,200トンのプレス機などにより作業を行なっています。
しかし、機械の老朽化や工事量の増大により処理能力がオーバーし、現在作業の一部を外注している状況です。


さらに、2009年以降CSR(共通構造規則)適用船建造時には、鋼板の板厚増に伴い、工事量の増加が避けられない状況です。


こうした状況に対処し、外注の内製化によるコスト削減を図るため、このたび曲げ工場を新設し、新たに2,000トンのプレス能力があるシップベンダー(鋼板を曲げるための機械)を導入します。


導入するシップベンダーは、金型を取り付けることにより、鋼板の直角曲げと曲面曲げの両方に対応可能な機種であり、鋼材長さも20mまで加工可能です。


また、従来から使用している1,000トンプレス機および(*1)ぎょう鉄作業定盤を新設工場に移設し、曲げ工程作業の集約も進めます。


(*1)ぎょう鉄作業:船首・船尾部の複雑に曲がる鋼板を成形する作業のこと。ガスバーナーで鋼板を熱する作業と、熱した鋼板を水で冷やす作業を交互に行い、鉄の収縮作用を利用して形状を作る。


[新設する曲げ工場の概要]
建屋部分 長さ 約120m(含む鋼材ヤード)×幅 約30m 面積 約3,600m2
主な設備 2,000トンシップベンダー
1,000トンラム移動型プレス機
吊り荷重20トン天井クレーン 他
お問い合わせ先
広報室 乾(いぬい)  電話:03-5202-3147