プレスリリース
トップ > プレスリリース(2010) > 三井造船グループの技術情報誌「三井造船技報」第200号発行
2010年

2010年07月16日
三井造船グループの技術情報誌「三井造船技報」第200号発行
創刊200号記念特集号

技報200号

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、製品開発、製造技術を紹介した「三井造船技報」(MITSUI ZOSEN TECHNICAL REVIEW)の第200号をこのほど発行しました。

「三井造船技報」は、子会社を含めた三井造船グループにおいて、新しく開発された製品及び技術をタイムリーに紹介し、お客様のニーズに対して適切なソリューションを提供する技術情報の発信を目的に年3回発行しています。

今回発行した第200号は、「創刊200号記念特集号」として、巻頭言に続き、新製品・新技術にかかわる「技術解説」11編をはじめ、「製品・技術ニュース」2件、「トピックス」1件および「Home Page News」1件で構成されています。

表紙には、今回の特集に合わせ、それぞれの「技術解説」に関連した写真・図を11例、さらに裏表紙には、100隻目の竣工となった56,000重量トン型ばら積貨物運搬船「三井の56」シリーズを紹介しています。


三井造船技報 第200号の構成内容
(創刊200号記念特集号 新製品・新技術特集)

(巻頭言)

  • 創刊200号発行を迎えて

(技術解説)
  • 船舶の構造設計における数値解析技術
    担当部署:船舶・艦艇事業本部 基本設計部
  • 特機・水中関連機器の開発
    担当部署:船舶・艦艇事業本部 艦船・特機総括部 特機・水中機器部
  • ライフサイクルコストを考えた橋梁構造の合理化と技術開発
    担当部署:鉄構・物流事業本部 事業開発部
  • 環境対応型コンテナ荷役機器
    担当部署:鉄構・物流事業本部 鉄構運搬機工場 運搬機設計部
    共同執筆:鉄構・物流事業本部 営業部
    PACECO CORP.
  • ディーゼルエンジン -設計・製造関連技術-
    担当部署:機械・システム事業本部 機械工場 ディーゼル設計部
  • ディーゼルエンジン -環境対応関連の技術開発-
    担当部署:機械・システム事業本部 機械工場 ディーゼル設計部
  • 最新技術に基づく三井造船の硫酸プラント
    担当部署:環境・プラント事業本部 プロセス設計部
  • 低炭素被覆・高性能リン酸鉄リチウム正極材料の開発と量産化
    担当部署:事業開発本部 LIB事業室
  • 成膜技術開発への取り組み
    担当部署:技術本部 玉野技術開発センター
  • 環境・エネルギー製品を支えるバイオ技術
    担当部署:技術本部 千葉技術開発センター
  • バイオカスケード事業を支える熱分解・ガス化技術
    担当部署:技術本部 千葉技術開発センター

(製品・技術ニュース)
  • 県道高速名古屋新宝線西郊通工区上部工事
    -鋼桁橋6連、鋼製橋脚10基、鋼製フーチング6基の設計・施工-
  • 断面修復材“なおしタル”の試験施工
    -橋脚および水路の断面修復-

(トピックス)
  • 「三井の56」シリーズ100隻竣工を達成

(Home Page News)
  • 世界初の天然ガスハイドレート(NGH)陸上輸送の実証研究が完了

三井造船技報の概要
名  称 三井造船技報
英文名称 MITSUI ZOSEN TECHNICAL REVIEW
発行責任 三井造船技報編集委員会
発行回数 年3回(定期発行)
URL http://www.mes.co.jp/mes_technology/research/article200.html
(技術情報>三井造船技報>技報 第200号 へのリンク)
お問い合わせ先
広報室
木澤  電話:03-5202-3147