プレスリリース
トップ > プレスリリース(2010) > 日本一のエコターミナルへ向け稼働開始
2010年

2010年08月03日
日本一のエコターミナルへ向け稼働開始
-博多港アイランドシティコンテナターミナル-

ヤード用コンテナクレーン(トランステーナ)

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、九州地方整備局より博多港アイランドシティコンテナターミナルにおけるヤード用コンテナクレーン(トランステーナ)の電動化工事(工事名:港湾荷役高度化設備工事)を2009年12月に受注し、既設クレーン改造およびヤード給電設備の整備工事などを進めていますが、このたび電動化改造を行ったトランステーナ4基が荷役作業を開始しました。
トランステーナの電動化を導入することにより、CO2排出量及びエネルギーコストの削減、ターミナルの効率化の効果が見込まれます。

今回稼働開始した電動化トランステーナは、ディーゼルエンジンを搭載した既設トランステーナに集電装置を取り付け、ヤード内のコンテナ蔵置レーンに沿って設置されたバスバー(給電線)から電力の供給を受ける構造に改造しています。また、自動脱着集電装置の導入によりコンテナ蔵置レーン間を移動するレーンチェンジ時は、人手を介さずに安全にレーンチェンジが可能となります。

本工事では、コンテナヤードでの荷役作業への影響を最小限にするために、工事エリアを4つに区切り段階的に給電設備整備やバスバーを設置して行きます。今回稼働開始したのは、1列のバスバーと隣接した2レーンで、今後、残りのコンテナヤードの給電設備整備やバスバー設置と並行し、既設トランステーナ残り9基の電動化改造を行います。
秋には当社大分工場で現在製作中の蓄電池を搭載したエンジンレスの完全電動トランステーナ4基を納入し、年内には9列のバスバーで15レーン、新設の4基を加えた全17基が稼働し完全電動化へ移行する予定です。

バスバー給電方式及び自動脱着集電装置の導入、また蓄電池によるレーンチェンジを含めたトランステーナの電動化は国内で初めての試みとなります。

三井造船は、世界的な環境規制が高まる中、環境負荷の低減を目指し、本工事を実績として国内外の港湾に水平展開を図るとともに、環境対応型トランステーナの更なる開発・販売に取り組んでいきます。

担当
鉄構・物流事業本部 運搬機システム営業部 加藤  電話:03-5202-3906
九州支社 鉄構グループ 藤澤  電話:092-411-8111
お問い合わせ先
広報室 高岡  電話:03-5202-3147