プレスリリース
トップ > プレスリリース(2010) > 「環境・社会(CSR)報告書2010」発行
2010年

2010年12月02日
「環境・社会(CSR)報告書2010」発行
2009年度の環境管理・保全活動・CSR経営を支える活動を掲載

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、このほど2009年度三井造船グループの環境活動実績をとりまとめた『環境・社会(CSR)報告書2010』を発行しました。


当社は、1999年に「環境憲章」を制定し、環境を経営上の最重要課題の一つに位置付け、 “環境を重視しながら社会性や経済性とも調和のとれた企業経営”を目指しています。


今回発行した『環境・社会(CSR)報告書2010』は、2001年の創刊から10年目にあたります。環境面だけでなく、CSR (企業の社会的責任)経営を支える仕組としてのコーポレート・ガバナンス、内部統制システムの記述を充実しています。


また、地球環境の保全に貢献する当社の製品・事業・サービスの中から、最近のトピックスを紹介しています。さらに、できるだけ多くの写真や図表を使用し、読者が読みやすく、親しみやすい環境・社会(CSR)報告書になるように制作しました。


主な記載内容は、つぎのとおりです。


  • 企業理念、経営姿勢および行動規準
  • 100周年ビジョン
  • 会社概要と事業活動
  • 経営における環境の位置付け
  • 環境管理体制
  • 環境マネジメントシステムの充実
  • 環境保全活動への取り組み
  • 環境保全に配慮し、部品数を大幅削減
  • 環境会計
  • 環境対応の歩み
  • 製品(化学プラント)での環境負荷低減への取り組み
  • 環境保全に貢献する技術・製品
  • お客様に学ぶ・お客様とともに
  • 株主・投資家の皆様とともに
  • CSR経営を支える仕組み
  • 生き生きとした職場つくり
  • 職場の安全と健康
  • 社会貢献活動および教育活動

「環境・社会報告書2010」の内容については、こちらからご覧下さい。



担当
環境安全管理室
鍋田  電話:03-5202-3198
お問い合わせ先
広報室
乾  電話:03-5202-3147