プレスリリース
トップ > プレスリリース(2011) > 三井造船グループの技術情報誌「三井造船技報」第202号発行
2011年

2011年03月07日
三井造船グループの技術情報誌「三井造船技報」第202号発行

三井造船技法202号
三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、製品開発、製造技術を紹介した「三井造船技報」(MITSUI ZOSEN TECHNICAL REVIEW)の第202号をこのほど発行しました。

「三井造船技報」は、子会社を含めた三井造船グループにおいて、新しく開発された製品及び技術をタイムリーに紹介し、顧客のニーズに対して適切なソリューションを提供する技術情報の発信を目的に年3回発行しています。

今回発行した第202号は、「技術論文・報告」として5編、「製品・技術ニュース」4件、「ホームページニュース」1件で構成されています。

表紙には、インドネシア国向けに納入した「フルミッション型操船シミュレータ」の写真を、さらに裏表紙には国内各地に納入した「風力発電関連設備」を紹介しています

三井造船技報 第202号の構成内容

(技術論文・報告)

  • インドネシア国向けフルミッション型操船シミュレータの開発
    担当部署:株式会社三井造船昭島研究所
    共同執筆:機械・システム事業本部 機械工場 産業機械設計部
  • 高炉用軸流圧縮機の高濃度酸素富化への対応
    担当部署:技術本部 玉野技術開発センター
    共同執筆:機械・システム事業本部 機械工場 産業機械設計部
  • 作業観測法を適用した労働安全評価手法の開発
    担当部署:九州大学大学院 工学研究院
    共同執筆:船舶・艦艇事業本部 玉野艦船工場 艦船建造部
  • デジタル符号方式レーダの開発
    担当部署:技術本部 玉野技術開発センター
    共同執筆:技術本部
  • 蛍光寿命フローサイトメータを用いた創薬アッセイに向けた生細胞内FRETの高精度評価
    担当部署:技術本部 玉野技術開発センター
    共同執筆:技術本部 技術総括部

(製品・技術ニュース)

  • 西大津BP 藤尾奥町高架橋鋼上部工事
    -狭あいな場所での桁架設-
  • 水郷大橋工事用函体製作工事
    -組替え可能な河川内仮締切用鋼製函体の製作-
  • 浮島2 期廃棄物埋立B 護岸ケーソン製作その3 工事
    -ハイブリッドケーソン5 函完成-
  • 風力発電研修施設建設工事完成
    -拡大する風力発電設備のメンテナンス強化に寄与-

(Home Page News)

  • 「三浦バイオマスセンター」(愛称:「MKE BIMA ステーション三浦」)が完成
    -地域の特性を生かしたバイオマス(農水産物残渣)の利活用に貢献-

三井造船技法の概要
名称 三井造船技報
英文名称 MITSUI ZOSEN TECHNICAL REVIEW
発行責任者 三井造船技報編集委員会
発行回数 年3回(定期発行)
URL http://www.mes.co.jp/mes_technology/research/article202.html
(技術情報>三井造船技報>技報 第202号 へのリンク


お問い合わせ先
広報室
木澤  電話:03-5202-3147