プレスリリース
トップ > プレスリリース(2011) > 「バラスト水事業グループ」を新設
2011年

2011年06月01日
「バラスト水事業グループ」を新設
-就航船へのバラスト水処理装置搭載に迅速に対応-

バラスト水 イラスト
三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、6月1日付でバラスト水処理装置関連の事業を行う「バラスト水事業グループ」を、船舶・艦艇事業本部 事業開発部内に新設しました。

当グループは、営業・設計および開発のメンバーで構成され、装置搭載事業の窓口となり、客先ニーズを取り入れ、機動的で迅速な対応を目指していきます。今後、事業展開を積極的に推進し、子会社も含めた当社グループ全体を緊密に連携させた事業体制を整えていく予定です。

現在、外航船へのバラスト水処理装置の搭載を義務付けるバラスト水管理条約の発効が間近に迫っています。条約発行後には大量の就航船へ搭載が必要となるため、対応が急務となっています。そこで当社は、当グループを中心に就航船への装置搭載に関し、設計・購買・装置据付をスムーズに行い、就航船へのサービス拡大を図っていきます。

あわせて開発中の当社製バラスト水処理装置「Fine Ballast」の受注機会拡大も図ります。

担当
船舶・艦艇事業本部 事業開発部 バラスト水事業グループ
井上  電話:03-5202-3520

 

お問い合わせ先
広報室
乾    電話:03-5202-3147