プレスリリース
トップ > プレスリリース(2011) > リン酸鉄リチウム正極材料に関する特許実施権の取得について
2011年

2011年07月08日
リン酸鉄リチウム正極材料に関する特許実施権の取得について

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、リン酸鉄リチウム(LFP)、リン酸マンガンリチウム(LMP)を含むリチウム金属リン酸塩のリチウムイオン電池正極材料をワールドワイドに製造・販売できる特許実施権を取得しました。

北米・欧州などのリン酸鉄リチウムに関する基本物質特許(Goodenough特許)とカーボンコート特許を含む特許実施許諾権を所有している特許権者(Hydro-Quebec社(カナダ)、モントリオール大学(カナダ)、フランス国立科学研究センター(フランス))およびその独占的実施権を持つPhostech Lithium 社の親会社であるSud Chemie社(ドイツ)とワールドワイドでの製造・販売に必要な特許実施権を取得するべく交渉を行ってまいりましたが、この度本特許実施権を取得致しました。

本特許実施権の取得により、当社正極材料を使用した電池は、日本はもちろん、米国、欧州、アジア等を含む全世界にて販売が可能となります。

当社は、本特許実施権の取得により、2,000トン/年規模の商用設備建設に着手し、2012年度内の商業生産開始に向け、事業を推進していきます。

担当
事業開発本部 LIB事業室
伊藤  電話:03-5202-3984

 

お問い合わせ先
広報室
高岡  電話:03-5202-3147