プレスリリース
トップ > プレスリリース(2011) > 燃料費・CO2の排出を30%削減したLNG船"Double Eco MAX"を市場投入
2011年

2011年07月12日
燃料費・CO2の排出を30%削減したLNG船"Double Eco MAX"
を市場投入 -ガス焚き低速ディーゼルエンジンの採用-

ダブル・エコマックス イラスト
三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、推進システムにガス焚き低速ディーゼルエンジン「ME-GI」を採用し、燃料費・CO2の排出量を30%削減した新型LNG船「 Double Eco MAX (ダブル・エコマックス)」の開発を完了させ、147,000m3型、155,000m3型、180,000m3型とラインナップを揃え、顧客への提案を開始しました。

Double Eco MAXの最大の特長としては、燃料費・CO2排出量の30%削減を達成したME‐GIエンジンを搭載していることが挙げられます。このエンジンは熱効率の高い2サイクル低速ディーゼルエンジンでありながら、使用燃料としてガス専焼・重油専焼・ガス重油の混焼を可能としております。これにより、2元燃料焚きのプロペラ直結推進システムを実現させ、最大限に燃料費・CO2排出量の削減を図ります。("Ecology MAX")また、この2元燃料焚き推進システムは、変化する燃料価格情勢に応じて、その時々で最も経済的な燃料を選択することで、運航上の経済的なメリットを創出することができます。("Economy MAX")

実用化が難しいとされてきたガス焚き低速2サイクルエンジンの完成には、当社千葉事業所において2万時間にもおよぶ実証運転をおこなった"GIDE"(Gas Injection Diesel Engine/世界で初めてガス焚き低速ディーゼルエンジンによる発電プラント)の技術がベースにあります。
ME‐GIエンジンは、GIDEのガス焚き機能を継承しつつ電子制御化し、運転領域全域にわたり環境性能や効率を向上させています。新型式エンジンであることから、MAN DIESEL & TURBO社、DNV・ABS(船級)などによるリスクアセスメントを実施し、高度な安全性が立証されています。

三井造船は、天然ガス需要の増加が見込まれるなか、新型LNG船"Double Eco MAX"を市場投入し、LNG船受注の拡大を目指します。
担当
船舶・艦艇事業本部 船舶海洋営業部
高田     電話:03-5202-3515

お問い合わせ先
広報室
高岡     電話:03-5202-3147