プレスリリース
トップ > プレスリリース(2012) > 7000kWクラスのガスタービンコージェネレーション設備を受注
-住友精化株式会社 姫路工場向け-
2012年

2012年02月14日
7000kWクラスのガスタービンコージェネレーション設備を受注
-住友精化株式会社 姫路工場向け-

MSC70(同型機)
三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、住友精化株式会社 姫路工場(兵庫県姫路市飾磨区入船町1番地、社長:上田 雄介)向けに7700kW級ガスタービンコージェネレーション設備「MSC70」を受注しました。

今回受注した「MSC70」は、発電出力7700kW級、追焚装置付き排ガスボイラによる送気蒸気量 毎時35tの能力を有し、発電効率33.5%、総合効率87.7%という高い性能を実現しています。その高い効率による省エネ性とコストパフォーマンスが評価され、採用に結びつきました。

三井造船は高効率ガスタービンコージェネレーション設備を発電事業の重要な柱と位置づけており、急増する電源セキュリティーなどに関する顧客要望に応え、今後も積極的な受注販売活動を展開していきます。

システムの特長

1.性能
・米国ソーラータービン社製「Taurus70」ガスタービン
 発電端出力:7700kW級
 送気蒸気量:14.9t/h(追焚停止時),35.0t/h(追焚最大時)
・更に高効率となったレートアップ機を採用

2.環境対応
・燃料は天然ガスを使用するため有害な排気成分がほとんど無い
・ガスタービンは希薄予混合燃焼システム(SoLoNOx)により非常に低レベルの
 NOx排出値:20ppm以下(O2 16%換算)

担当部署
機械・システム事業本部 産業機械第一営業部
吉田、粂川  電話:03-3544-3951
関西支社 機械システム営業チーム
金森      電話:06-6447-2004
お問い合わせ先
広報室
高岡      電話:03-3544-3147