プレスリリース
トップ > プレスリリース(2012) > 天津豊田汽車鍛造部件有限公司向け 大型誘導加熱装置の製作完了
2012年

2012年07月04日
天津豊田汽車鍛造部件有限公司向け 大型誘導加熱装置の製作完了
中国生産子会社(上海三造機電有限公司)で初めて

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)の中国子会社、上海三造機電有限公司(菫事長:鶴田 努、所在地:上海市宝山城市工業園区)は、豊田通商(天津)有限公司から、トヨタ自動車(株)の中国生産拠点である天津豊田汽車鍛造部件有限公司(TTFC)向け最先端大型鍛造用誘導加熱装置2台を初受注し、このほど製作を完了しました。

今回受注した誘導加熱装置は、鍛造前の加熱工程で使用され、自動車エンジン部品用の素材(ビレット)を常温から1200℃超の高温まで高効率に加熱できます。従来日本で生産していた装置と同等な高機能、高性能な誘導加熱装置を中国子会社の上海三造機電有限公司で生産しました。 本誘導加熱装置はトヨタ自動車の「グローバル生産戦略」の一翼を担う製品で、上海三造機電有限公司の受注は同社の「現地調達化」の方針にも沿うものとなっています。

1台目の鍛造用誘導加熱装置は本年4月に納入し現地調整中、2台目の鍛造用誘導加熱装置は本年7月に納入予定です。

三井造船はこれまでに、トヨタ国内工場向け、トヨタ海外工場向けに多数の誘導加熱装置の納入実績がありますが、今回の受注は上海三造機電有限公司のトヨタグループ向け誘導加熱装置の初受注になります。

上海三造機電有限公司は、今回の大型誘導加熱装置の製造実績を足掛かりに、グローバル展開を進める自動車関連各社の需要を取り込み、日本品質はそのままに競争力のある価格で顧客満足を高めていきます。


担当部署
機械・システム事業本部 産業機械第二営業部
パワーエレクトロニクス営業グループ 検見崎 電話:03-3544-3636
お問い合わせ先
経営企画部 広報室
高岡  電話:03-3544-3147