プレスリリース
トップ > プレスリリース(2012) > ディーゼルエンジンの累計生産、8,000万馬力を達成
2012年

2012年11月13日
ディーゼルエンジンの累計生産、8,000万馬力を達成
-三井-MAN B&Wディーゼルエンジン-

三井-MAN B&Wディーゼル機関 7S65ME-C

三井造船株式会社(社長:加藤 泰彦)は、このほど単一機種によるディーゼルエンジンの累計生産8,000万馬力を達成しました。


玉野事業所(岡山県玉野市)にて製造した常石造船株式会社(社長:川本 隆夫 氏)向け三井-MAN B&Wディーゼルエンジン「7S65ME-C」をもって達成。
本エンジンは、常石造船株式会社が建造中の18万重量トン型ばら積み貨物運搬船(船主:株式会社商船三井)に搭載されます。
また、本エンジンは、当社製造の電子制御ディーゼル機関(ME機関)の累計50台目となります。


当社のディーゼルエンジン生産量は、2010年6月に累計生産7,000万馬力を達成してからわずか2年5ヶ月で1,000万馬力を上乗せし、1928年の1号機製作からの累計生産8,000万馬力を達成しました。
また、2012年度の生産量は約400万馬力の生産を予定しています。


三井造船は、1926年にデンマーク・B&W社(現:MAN Diesel & Turbo社)とディーゼルエンジンに関する技術提携を結んで以来、世界のトップメーカーとして生産実績を積み重ねています。


また、今年度は、玉野事業所内に設置された世界最大級のテスト用ディーゼルエンジン(4S50ME-T)を用いて、世界初のビルトイン方式による排ガス再循環システム(Exhaust Gas Recirculation:EGR)によりNOx(窒素酸化物)排出3次規制に対応できることを確認しております。


さらに、2013年春に実施予定の電子制御式ガスインジェクションディーゼルエンジン(以下ME-GI)のデモ運転に連動して、ME-GIの工場運転設備の整備を行うなど、次世代エンジンへの対応及び、環境対策技術開発を本格化させております。


[8000万馬力達成機種の主要目]
機種 三井-MAN B&Wディーゼル機関 7S65ME-C
全長 約9.4m
高さ 約11.5m
約4m
シリンダ径 650mm
ピストンストローク 2,730mm
陸上試運転日 2012年11月7日
[累計生産馬力の推移]
馬力 達成年月
1号機 1928年(昭和3年)6月
1,000万 1976年(昭和51年)10月
2,000万 1987年(昭和62年)9月
3,000万 1996年(平成 8年)12月
4,000万 2002年(平成14年)7月
5,000万 2005年(平成17年)10月
6,000万 2008年(平成20年)3月
7,000万 2010年(平成22年)6月
8,000万 2012年(平成24年)11月
担当
機械・システム事業本部 ディーゼル営業部
担 当:中谷、咲本、丹   電 話:03-3544-3475
お問い合わせ先
広報室 乾(いぬい)  電話:03-3544-3147

製品情報(ディーゼルエンジン)はこちら