プレスリリース
トップ > プレスリリース(2014) > 神戸港埠頭株式会社及び東京港埠頭株式会社からコンテナクレーン6基を連続受注
2014年

2014年1月9日
神戸港埠頭株式会社及び東京港埠頭株式会社から
コンテナクレーン6基を連続受注

類似機種コンテナクレーン

三井造船株式会社(社長:田中 孝雄)は、神戸港埠頭株式会社(神戸市中央区、社長: 犬伏 泰夫 氏)と東京港埠頭株式会社(東京都江東区、社長:平野 裕司 氏)から 神戸港六甲アイランドコンテナ第6・7号岸壁:借受会社/日本郵船株式会社)向けコンテナクレーン3基と東京港大井埠頭(第3・4号バース:借受会社/株式会社商船三井)向けコンテナクレーン3基の合計6基を連続で受注しました。

神戸港から受注したコンテナクレーンは、コンテナ船の大型化に対応できるよう設計されており、主な特長として、22列大型コンテナ船に対応し、荷役効率を向上させるツインリフトスプレッダを搭載しており、超大型地震(レベル2地震動)に耐える免震装置を備えています。

東京港から受注したコンテナクレーンも、コンテナ船の大型化に対応できるよう設計されており、主な特長として、21列大型コンテナ船に対応し、荷役効率を向上させるツインリフトスプレッダを搭載しており、近隣にある羽田空港の高さ制限に適合するための中折れ機構を備えています。

上記の大型船対応のコンテナクレーンの整備により、神戸港及び東京港の港勢拡大および国際競争力強化に貢献できるものと期待されています。

三井造船はコンテナリゼーションの幕開けとともに、1967年に日本で初めてのコンテナクレーンを神戸港へ納入以来、国内外に300基を超える納入実績を有しています。 また、コンテナクレーンのみならず、コンテナ荷役効率向上に欠かせないコンテナヤード用トランスファークレーンおよびコンテナターミナルマネジメントシステムも豊富な納入実績を有しており、アフターサービスを含めたコンテナターミナルのトータルシステム企業として事業展開しています。


神戸港六甲アイランドコンテナ第6・7号岸壁向けコンテナクレーン3基 諸元
定格荷重 コンテナ:50t(20ftツインリフトスプレッダ)、重量物:90t
全揚程 62m(海側レール面上44m、レール面下18m)
アウトリーチ 63.1m
レールスパン 30.5m
バックリーチ 15m


東京港大井埠頭第3・4バース向けコンテナクレーン3基 諸元
定格荷重 コンテナ:61t(20ftツインリフトスプレッダ)、重量物:70t
全揚程 66.1m(海側レール面上48.6m、レール面下17.5m)
アウトリーチ 58m
レールスパン 30m
バックリーチ 15m
                                      

担当部署
神戸港:関西支社 川嶋 電話:06-6447-2004
東京港:機械・システム事業本部運搬機営業部 森下 電話:03-3544-3906
お問い合わせ先
経営企画部 広報室
高岡 電話:03-3544-3147