プレスリリース
トップ > プレスリリース(2017) > 玉野事業所および千葉事業所の機能分担子会社を合併
2017年

2017年04月03日
玉野事業所および千葉事業所の機能分担子会社を合併
企業体力を強化した大型「子会社」を設立

三井造船株式会社(社長:田中 孝雄)は、100%子会社である三井造船特機エンジニアリング株式会社(社長:中村 啓二、本社:東京都中央区、以下MES特機E)および三井造船千葉機工エンジニアリング株式会社(社長:小林 雅志、本社:千葉県市原市、以下MCKE)の2社を 2017年4月1日付で経営統合いたしました。

MES特機Eは玉野事業所・玉原工場、MCKEは千葉事業所にて、それぞれ船舶・艦艇事業本部の機能分担子会社として、鋼構造物・パイプ製作、機械加工・工作、工場設備の保守点検、新造船の詳細設計等の業務を行っております。
今回の合併は、連結経営強化の取り組みの一環として行われるもので、三井造船グループ内の異なる事業所で相似の業務を行っている両社の経営資源を相互連携させて効率的な事業運営を行い、内外の事業環境へ対応し、受注機会の拡大を目指しております。
経営統合の結果により、従業員総数760名規模の三井造船グループでも最大級の子会社が誕生することになり、集積された経営資源を有効活用し、子会社自身の企業体力を強化、自助自律経営の度合いを高めることで継続的な売上と収益の増加を図ります。

また、経営統合を機に、両社の機能分担会社としての存在を見直し、運用を明確化することにより、当社の既存事業の競争力(建造効率・詳細設計)の向上や、新規注力分野における外売の取組み強化を図ります。

なお、統合新会社での業務を滞りなく行うため、本統合に先立ち、本年2月1日付にて社名変更を行っております。(旧社名:エム・イー・エス特機(株))

統合新会社の概要
社名 三井造船特機エンジニアリング株式会社
(ミツイゾウセン トッキ エンジニアリング)
MES TOKKI & Engineering Co., Ltd.
代表者 代表取締役社長 中村 啓二(なかむら けいじ)
所在地 東京都中央区築地5丁目6番4号
資本金 2億9,800万円
出資比率 三井造船 100%
合併発効日 2017年4月1日
従業員 約760名
事業内容 鋼構造物・パイプ製作、機械加工・工作、工場設備の保守点検、船舶・機械設計、防衛省向け装備品の販売、機器・継手製造等/td>
担当部署
船舶・艦艇事業本部 企画管理部
田名部 電話:03-3544-3318
お問い合わせ先
企画本部 経営企画部 広報室
高岡 電話:03-3544-3147