プレスリリース
トップ > プレスリリース(2017) > 次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみんマーク」の取得について
2017年

2017年09月12日
次世代育成支援対策推進法に基づく「くるみんマーク」の取得について

くるみんマーク

三井造船株式会社(代表取締役社長:田中孝雄)は、2017年8月22日付で、厚生労働省より「次世代育成支援対策推進法」(以下 次世代法)に基づく「子育てサポート企業」として認定され、次世代認定マークである「くるみんマーク」を取得しました。

当社は、従業員の仕事と家庭の両立を支援するため雇用環境の整備を行うこと、また、次世代育成支援において地域に貢献することを目指して次世代法に基づく一般事業主行動計画を策定し、様々な施策を実施しています。
認定を受けた2015年度~2016年度の行動計画では、男性従業員の育児休業取得促進や若手女性従業員を対象としたキャリア形成支援に関する研修実施、年次有給休暇の取得促進に取り組んだほか、学生を対象としたインターンシップや工場見学会の実施等を行いました。

当社は、2018年4月1日に会社分割による持株会社体制への移行を計画しています。
移行後も引き続き、従業員が仕事と家庭を両立し、それぞれのライフイベントの状況に応じて能力を最大限発揮できる職場づくりを目指し、仕事と家庭の両立支援や働き方の見直しに資する労働条件の整備等に取組んでまいります。


お問い合わせ先
企画本部 経営企画部 広報室
春日 電話:03-3544-3147