プレスリリース
トップ > プレスリリース(2017) > 機械・システム事業本部のアフターサービス子会社を吸収合併
2017年

2017年12月5日
機械・システム事業本部のアフターサービス子会社を吸収合併

三井造船株式会社(社長:田中 孝雄)は、100%子会社である三造テクノサービス株式会社(社長:鈴木 博士、本社:岡山県玉野市、以下三造テクノ)について、2018年4月1日付で、当社持株会社体制への移行に伴い発足する予定の「株式会社三井E&Sマシナリー」(=現機械・システム事業本部)に吸収合併することを決定しました。

三造テクノは、当社 機械・システム事業本部 テクノサービス事業室における営業・技術の機能分担子会社として、舶用・陸用ディーゼル機関、各種タービン(蒸気タービン、ガスタービン、炉頂圧タービン)、圧縮機(軸流圧縮機、往復動圧縮機)、陸用・舶用ボイラー、各種クレーン、各種産業機械 等のアフターサービス事業を担っており、製品ライフサイクルに応じたサービス事業( Lifecycle solution service = LSS)を展開しています。

今回の合併は、業務の効率化によるサービスの質の向上を目指して行われるものであり、三造テクノの事業・組織・要員は、「株式会社三井E&Sマシナリー」のテクノサービス事業部が継承し、引き続きLSSを展開し更なるサービスの向上を目指してまいります。


【合併会社の概要】
社名 三造テクノサービス株式会社
(サンゾウテクノサービス)
MES Technoserice Co., Ltd.
本店所在地 岡山県玉野市玉3-1-1 (当社玉野事業所内)
事業拠点 玉野・神戸・名古屋・千葉 (市原)・築地・品川
資本金 1億円
出資比率 三井造船株式会社 100%
合併発効日 2018年4月1日
従業員 約195名
事業内容 舶用・陸用ディーゼル機関、各種タービン(蒸気タービン、ガスタービン、炉頂圧タービン)、圧縮機(軸流圧縮機、往復動圧縮機)、陸用・舶用ボイラー、各種クレーン、各種産業機械 等のライフサイクルに応じたサービス事業( Lifecycle solution service = LSS)


担当
機械・システム事業本部 テクノサービス事業室 
河野 電話:03-3544-3105
お問い合わせ先
企画本部 経営企画部 広報室
乾(いぬい) 電話:03-3544-3147