プレスリリースニュース・お知らせ

2018年04月02日

2018年度入社式、新入社員向け社長挨拶(要旨)

DSC04322.JPG

 三井E&Sホールディングス(東京都中央区、社長:田中 孝雄)は、2018年度の入社式を行ないました。

入社式社長挨拶(要旨)
はじめに

新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。
三井E&Sグループを代表して、皆さんの入社を心から歓迎いたします。本日、皆さんは、社会人としての新しい1歩を踏み出したわけですが、同じように三井造船も本日、新たに三井E&Sグループとして最初の日を迎えました。みなさんも、新生三井E&Sグループのいわば創業メンバーとして誇りをもってこれからの社会人生活に取り組んでください。

企業理念について

三井E&Sグループは、企業としてのありたい姿・あるべき姿として、「社会に人に信頼されるものづくり企業であり続けます」という企業理念を掲げています。

「ものづくり」という言葉には、ものづくりを核として製品を通じて社会に役立つサービスを、さらには社会的な仕組みなども含めた幅広い範囲で新たな価値を提供する、という意味が込められています。そして、この価値提供の評価として「信頼」が得られる、と言う思いがこの企業理念に表されています。

また、社会に対して果たすべき責任は、法令順守などのコンプライアンスはもちろん、株主への利益還元、納税・雇用の創出など多岐にわたります。コンプライアンスの原点は、社員一人ひとりが法律や、社会、会社のルールを守り、社会に恥じない行動を取ることです。これに反することは新入社員であっても許されることではありません。

2025ビジョンについて

「MES Group 2025 Vision」では、三井E&Sグループのありたい姿を「社会に価値をつくりだすエンジニアリングチームへ」としています。これは、先ほど紹介した企業理念を具体化したもので、社会の課題やマーケットのニーズに対して、グループの強み・リソースを活かし、グループ内はもちろん、社外のパートナーとも積極的に連携し、既存の枠の発想を超えて価値あるものを提供したいとの思いを込めています。みなさんも是非、社会やマーケット、さらにはお客様や取引先、身近なところでは上司や先輩に至るまで、相手が何を求めているか、そのために自分や会社はどう言った価値を提供できるか、という視点を身につけてください。

新入社員に望むこと

1点目は、「とことん考え抜く」ということです。皆さんは、これから仕事を通じていろいろなことを経験し、上司や先輩、そしてお客様などからさまざまなことを学んでいくことになります。その際、自身の経験や、上司、先輩からの教えを漫然と鵜呑みにするのではなく、「なぜそうなのか」ということを考えてみてください。「なぜ」を掘り下げて考えることを通じて物事の本質を掴む習慣がつきます。これが皆さんの成長のスピードアップへと結び付くはずです。

2点目は、「自分の殻に閉じこもらず、積極的に外部との関わりを持つこと」です。2025ビジョンでは、社員一人ひとりに期待することとして、「『外から内へ』の視点の転換」、「社内外と積極的に協業する」、「利益率アップにこだわる」の3つのアクションを掲げています。

新入社員の皆さんにも、これらのアクションを意識して行動してもらいたいのですが、その土台づくりとして、「自分の殻に閉じこもらず、積極的に外部との関わりを持つこと」にこだわって欲しいと思います。特に、この場にいる同期62名の間で、何でも言い合える、かつ互いに刺激しあい、切磋琢磨できる関係を構築してください。

さいごに

企業が100年間存続し続けると言うことは簡単なことではありません。先人たちが叡智を集め、様々な苦難や試練を乗り越えた結果、現在の三井E&Sグループがあります。これまで諸先輩方が培ってきた有形、無形の財産、DNAを引き継ぎ、それを育み、発展させてきた結果が100年と言う歴史につながってきた訳です。

そして、そこには一人では成し遂げられない大きな仕事にチームで取り組む、と言う姿勢が常にありました。みなさんもこのチームの一員です。チームのメンバーの一人ひとりの成長がチームとしての力を押し上げ、当社の成長、発展の強い後押しとなります。共に成長していきましょう。

[2018年度 新入社員内訳] 合計106名
配属先
三井E&S造船      :18名
三井E&Sマシナリー   :77名
三井E&Sエンジニアリング: 8名
三井E&Sビジネスサービス: 3名

お問い合わせ先

連絡先
経営企画部 広報室
TEL
03-3544-3147

このニュースリリース記載の情報(製品情報、サービスの内容、発売日、お問い合わせ先、URL等)は、発表日現在の情報です。予告なしに変更され、検索日と情報が異なる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。なお、最新のお問い合わせ先は、お問い合わせ一覧をご覧下さい。

    ニュース・お知らせ