WORK FLOW
仕事の流れ
一つひとつが大規模・高額な個別受注生産で、つくり上げるには数年の年月がかかる製品が数多くあります。ここでは三井造船の主要な製品、「船舶」「船舶用ディーゼルエンジン」「石油化学プラント」を例に取り、どのような流れでつくられているのかをご紹介します。
船舶用ディーゼルエンジンができるまで
引き合い
お問い合わせを受け、納期とコストを見積もる

まず、お客さまからの引き合い(エンジン購入に関する問い合わせ)を営業部が受けます。営業部は社内の関係部署(生産計画部や設計部など)に連絡をとり、納期やコストなど、製造条件の見積もりを依頼します。
生産計画部ではエンジン組立工場の操業度と部品の調達状況を勘案、また設計部と図面作成期間を調整し、工場側で対応可能な納期を決定します。
設計部では、お客さまとの技術打ち合わせを通してエンジンの全体像(機種・馬力・燃費・排ガス条件など)を把握して製造コストを計算し、営業に回答します。見積もり結果が出ると、営業部が総合的に検討し、受注可能かどうかを判断してお客さまに伝えます。

関わる部署
営業部 生産計画部 設計部
受注
お客さまとの交渉・合意を経て、受注が決定。

営業部では、引き合い時に社内で検討した納期やコストを基に、より具体的な条件(販売価格や支払い条件など)についてお客さまと交渉を行います。交渉が合意すると注文書を受け取ります。注文書の発行をもって正式に受注となり、工場での製造を開始します。

関わる部署
営業部
設計
お客さまと詳細の仕様を詰め、図面を作成する。

エンジンを搭載する船舶の建造条件についてお客さまと詳細部分の仕様を詰め、船舶の品質・安全性に関わる規則について確認した上で図面を作成します。お客さまより図面の承認を得ると、必要部品の購入・製造工程に入ります。また、船級協会(船舶の品質や安全性に関する規則を定めている機関)にも必要図面を提出し、承認を得ます。

関わる部署
設計部
資機材の発注
必要な資材・機材を調達する。

設計部が作成した図面を基に、必要な資材・機材の調達を行います。発注後は、必要な資機材が適切な時期に納品されず製造工程に遅れが生じたり、逆に早く納品されて保管スペースを取ったりすることがないよう納期管理を行います。仮に納期の遅れや変更が生じた場合でも、製造工程全体を組み直し、お客さまの要求納期に間に合うよう対応します。

関わる部署
生産計画部 資材部
製造
部品を組み立て、エンジンを製造する。

製造部、加工部は生産計画部、資材部が調達した資材・機材を加工して必要な部品を製作し、できた部品を組み立て、エンジンを製造します。製造現場では設計から出された図面を読み、作業工程の計画立案や作業員の配置を検討するほか、必要に応じて新しい製造方法の提案、設備保守・点検、現場作業に適したオリジナルの道具の考案や製作なども行います。良い製品をより効率的につくることができる現場にするため、さまざまな工夫や改善を行い、エンジンを組み立てていきます。
また、品質保証部は各製造工程において重要部品の強度・寸法公差等の検査を行い品質上問題ないことを確認します。

関わる部署
製造部 加工部 品質保証部
試運転
エンジンを工場で試運転し、性能を確認する。

品質保証部が、完成したエンジンをお客さまに引き渡す前に工場内で実際に運転して、馬力・燃費・運転時の温度や圧力などのさまざまなデータを取り、仕様書通りの性能が出ているか、安全性や品質に異常はないかを確認します。異常が見つかった場合は、社内の関係部署(設計部・製造部・加工部など)とも連携して原因を調べ、納期に間に合うように調整してお客さまに引き渡します。

関わる部署
品質保証部 設計部 製造部
お客様への引き渡し
エンジンをお客さまの船に搭載する。

試運転を終えたエンジンを国内・海外の造船所へ(エンジンを搭載する本船を三井E&S造船が建造している場合は、三井E&S造船の造船工場へ)船舶で海上輸送し、建造中の船舶に搭載します。搭載後、本船に乗り込み、海上試運転を行います。海上試運転では、船舶を実際に海上で動かして仕様書通りの性能が出ているかどうかを確認するほか、運転後のエンジンの一部を解放し、磨耗状況を確認するなど最終的なエンジンの検査・調整を行います。船舶が完成し、運航が始まってからも、契約時に取り決めた保証期間内は、トラブル等が生じた場合はアフターサービスなどの対応を行います。

関わる部署
営業部 品質保証部 アフターサービス部