三造加工株式会社
お問い合せ先 s-shono@mes.co.jp
三造加工株式会社のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当社は、機械加工を主業務とし1988年(昭和63年)10月に三井造船㈱100%出資の子会社として分離独立。新日鐵住金㈱大分製鐵所構内に本社と工場があります。
1971年(昭和46年)、新日鐵㈱大分製鐵所の建設に合わせて操業を開始し、これまで多くの製鐵設備の製作・補修に携わってきました。お客様の安定操業(緊急対応を含めて)に寄与すべく、現在も交替勤務体制で操業を続けています。

機械加工の世界においては、いかに自動化が進もうとも人の腕(技術・技能)に頼る部分が多く残されており、これまでに蓄積した技術・技能を次世代に継承していくことが私どもの責務と考えています。
幸い、当社では若手技術者・技能者の比率が高く、創造性に満ちた挑戦意欲旺盛な人材へ成長してくれることを期待しています。

当社は、「高品質・低価格な製品を納期厳守でお客様にお渡しする」をモットーに、確実な歩みを続けています。
1994年(平成6年)、ISO9001認証工場となったことを契機に、品質・コスト・納期管理に加え、安全衛生管理を経営方針に掲げ、お客様の信頼を損なわぬよう努力を続けています。

写真は、2016年9月末に完成した横中ぐり盤(BSF-150C)をバックにした従業員の写真です。人材育成とともに老朽化した設備の代替更新を計画的に実施しています。

今後も、あらゆる産業分野の発展を支えるべく「頼れる加工屋・日本一の加工屋」を目指し、会社一丸となって日々の努力と精進を続けていきます。
なにとぞ、益々のご支援とお引き立てを賜りますよう、お願い申しあげます。

会社名

三造加工株式会社

本店(登記)

〒870-0395 大分市大字日吉原3番地

資本金

9,000万円

発行済み株式数

1,800株

株主

三井造船株式会社 1,800株

設立年月日

1988年10月1日(創業 1971年2月)

沿革

1971年 2月 新日鐵(株)大分製鐵所の建設関連諸工事とその後の設備製作補修工事を目的に創業

1988年10月 三井造船(株)より分離独立し、三造加工(株)を設立

1993年10月 三井造船(株)大分事業所内に、工場(三井造船事業所)を開設

1999年 7月 (株)大分三井造船のポイラ部門を吸収し、三井造船事業所を産業機械工場に改組

2004年10月 ポイラ部門を三井造船(株)に移管し、産業機械工場を分工場に改組

2015年 6月 運搬機(コンテナクレーン)部品の機械加工を担当する分工場を三井造船(株)に移管

事業所
本杜・工場

〒870-0902

大分市大字西ノ洲1番地
新日鐵住金㈱大分製鐵所構内

TEL:097-558-3339

FAX:097-558-3337

認証

品質マネジメントシステムISO9001-2008取得(2018年春に2015年版に移行予定)