think100
Think100 持続可能な社会
地球がちゃんと続いている。
気候変動が危機的な状況にある地球。この難題を乗り越え、世代を超えて美しい地球がリレーされているか。間違いなく、これから100年の人類が立ち向かう課題です。私たち三井造船もCO2排出を抑えたエコシップの開発や、水素ステーション分野への参入など、様々な取組みを行っていますが、さらに本気で挑んでいきます。地球そのものが、多くの命を乗せた大きな船であると捉えるなら、よりよい未来に航海していけるよう、私たちは進むべき方向を指し示し、技術力で前進させていく存在でありたいと考えます。
Co2 Co2排出を抑制するエンジンを開発しています。
使用燃料に重油と天然ガス、エタン、メタノールなどを使用できる二元燃料機関「ME-GI」を提供しています。環境に優しく経済性にも優れたディーゼルとして注目されています。船を内側からエコシップへと生まれ変わらせ、地球のサスティナビリティに貢献しています。
メタノール焚き電子制御式ガスインジェクション
メタノール焚き電子制御式ガスインジェクション
ディーゼルエンジン
  • 製品情報ページ
  • プロジェクトストーリーvol.01「スタンダード船、さらなる進化へ。」
H クリーンエネルギーとして注目される水素ステーション分野へ参入しています。
二酸化炭素を排出しない究極のクリーンエネルギーとして、水素が注目されています。三井造船は2015年に小型往復動圧縮機で優れた技術をもつ(株)加地テックと資本業務提携をしました。水素社会の実現に向け持てる技術をこの分野に注いでいきます。
(株)加地テックが誇る水素ステーション用超高圧圧縮機
(株)加地テックが誇る水素ステーション用超高圧圧縮機
  • 株式会社加地テック