10,000m級深海無人探査機「かいこう」海洋開発・水中機器

10,000m級深海無人探査機 「かいこう」

世界最深部まで潜航し、
調査可能な有索式無人探査機です。

「かいこう」は深海調査観測を主要な運用目的とした、世界最高の潜航能力を有する有索式無人探査機(ROV : Remotely Operated Vehicle)です。 海中を自由に航走する「ビークル」、「ビークル」の水中発着台となるとともに各種音響調査も行う「ランチャー」と船上を結ぶ光・電力複合ケーブル、このケーブルの巻き取り装置および操縦部から構成されています。

特長

  • テレビカメラによる広範囲で鮮明なリアルタイム映像の提供
  • 7自由度、高機能マニピュレータによる容易な操作性と高度な作業性
  • 曳航音響探査による海底面の広域な地形・地質の探査
  • 各種自動制御の採用による容易な操縦性
  • 高速デジタル光通信採用による1,200Mbps級のデータ伝送
  • 大深度長時間オペレーションを可能とする自動運転・監視機能

実績

  • 1995年3月24日、マリアナ海溝・チャレンジャー海淵の最深部への着底(深度10,911.4m)
  • 1995年4月~ 海洋科学技術センターにて運用開始
  • 太平洋、インド洋などにて延べ277回の潜航を記録(2003年2月7日現在)

プレスリリース

製品に関するお問い合わせ

連絡先
三井E&S造船株式会社 艦船・官公庁船・特機営業部
TEL
03-3544-3530
FAX
03-3544-3031

アフターサービス

連絡先
三井E&S造船株式会社 艦船・官公庁船・特機営業部
TEL
03-3544-3530
FAX
03-3544-3031

製品に関するお問い合わせ・アフターサービス

関連情報