生ごみ飼料・堆肥化プラント(テンプラーM21)環境プラント

札幌生ごみリサイクルセンター

廃食用油で生ごみを加熱して乾燥し、
家畜の飼料原料としてリサイクルします。

テンプラーM21は生ごみを乾燥し、家畜の飼料原料としてリサイクルする装置です。 天ぷらの原理を応用し、廃食用油で生ごみを加熱して乾燥します。減圧容器で揚げるので低温(約110℃)で焦げ付きがありません。乾燥後は粉末にして家畜の餌の原料になります。

特長

  • 乾燥効率が極めて高く乾燥品の水分は5%
  • 減容率が高く乾燥後の体積は約5分の1
  • 水を使わず低温乾燥なので高蛋白、しかも良質
  • 家畜飼料原料として農水省認可

実績

ご要望に応じて、納入実績をお送りします。

プレスリリース

事業会社

製品に関するお問い合わせ

連絡先
三井E&S環境エンジニアリング株式会社 環境ソリューション事業本部 営業部
TEL
043-351-9163
FAX
043-351-9179

アフターサービス

連絡先
三井E&S環境エンジニアリング株式会社 環境ソリューション事業本部 営業部
TEL
043-351-9163
FAX
043-351-9179

製品に関するお問い合わせ・アフターサービス

関連情報