ポーテーナ(コンテナ用岸壁クレーン)港湾クレーン(運搬機)

国内向けポーテーナ

海外向けポーテーナ

今も世界のどこかで当社のクレーンが海上物流を支えています。

三井造船は日本で最初のコンテナ用岸壁クレーンを設計・製作し、1967年に神戸・摩耶埠頭に納入しました。 以来、世界の至るところで当社のポーテーナが採用され、今では350基以上を国内外の港に納めています。(ポーテーナとは、当社が技術提携するパセコグループのコンテナ用岸壁クレーンの商標です。) また近年のコンテナ船大型化に伴い、超大型のスーパーパナマックスクラス(8,000個積みコンテナ船対応)も60基以上納入しています。

特長

  • モノボックス構造と自走式(セミロープ式)トロリを採用することで、クレーンの操作性とメンテナンス性の向上に貢献します。随時お問い合わせください。
  • 遠隔地からでも不具合対応が可能を可能にする遠隔モニタリングシステムもオプションとして所有しています。
  • 巨大地震にも対応可能な免震装置の特許を取得しています。
  • 大分県にクレーンの製作に特化した工場を完備しています。

実績

1961年 Paceco社と技術提携
1967年 ポーテーナ1号基出荷
2002年 モノボックスポーテーナ1号基出荷
2014年 ポーテーナ300台納入達成

日本:110台以上
東南アジア:110台以上
中東:60台以上
アメリカ:40台以上
南アジア:15台以上
東アジア:15台以上

プレスリリース

事業会社

  • PACECO CORP.
    PT. MES Machinery Indonesia

製品に関するお問い合わせ

連絡先
株式会社三井E&Sマシナリー 運搬機システム事業部 営業部
TEL
03-3544-3906
FAX
03-3544-3055

アフターサービス

連絡先
株式会社三井E&Sマシナリー テクノサービス事業部 運搬機サービス部
TEL
0863-23-2440
FAX
0863-23-2760

製品に関するお問い合わせ・アフターサービス

関連情報