CMAXS e-GICSX船舶用エンジン

システムイメージ

ダッシュボード画面(例)

IoT/M2Mおよび・ビッグデータ解析技術を活用した
機関状態監視システム

CMAXS e-GICSXはIoT/M2Mおよびビッグデータ解析などの技術を取り入れた次世代機関状態監視システムとして、日本海事協会と共同研究開発されました。主機関に設置された複数のセンサデータだけではなく、気象・海象などの航海データを包含するビッグデータの相関関係を高度で最新のデータ解析技術を用いて船内で解析・監視することで、早期に的確な異常診断を行います。また、船内の異常診断結果を陸上で解析する性能診断に反映することで、高精度な状態診断を行います。 主機関制御システムから取得した筒内圧データおよびシリンダ注油データなど主要なデータは、株式会社ClassNKコンサルティングサービス(NKCS)が提供するCMAXS Web Serviceから閲覧します。 なお、CMAXS e-GICSXはNKCSを契約窓口とし、データはNKCSのCMAXSデータベースに保管されます。

特長

  • 船内の異常診断機能により、初期段階での主機関の異常検知や良否判定を可能にしました。
  • 実際の主機関の状態に基づき修理や保守を行う、予防保全を実現します。
  • 部品の延命化によりライフサイクルコストを削減します。
  • 主機関および船舶の運転データなどビッグデータを高度なデータ解析技術を用いて総合的に分析することにより、最適運航・安全航行を支援します。
  • 主機関や航海データ情報をCMAXSデータベースで一元管理することにより、本船・船主・船舶管理会社および主機関メーカーなどへ情報共有が可能になりました。

実績

  • 搭載済み:9隻

更に多数搭載待ち。(2017年11月末時点)

プレスリリース

製品に関するお問い合わせ

連絡先
株式会社三井E&Sマシナリー テクノサービス事業部 ディーゼルサービス部
TEL
0863-23-2581
FAX
0863-23-2085

アフターサービス

連絡先
株式会社三井E&Sマシナリー テクノサービス事業部 ディーゼルサービス部
TEL
0863-23-2581
FAX
0863-23-2085

製品に関するお問い合わせ・アフターサービス

関連情報